座間版 掲載号:2018年6月1日号 エリアトップへ

座間市消防団の団長に就任した 齋藤 通泰(みちやす)さん 小松原在住 57歳

掲載号:2018年6月1日号

  • LINE
  • hatena

変革掲げる「防災リーダー」

 ○…歴史ある座間市消防団の20代目団長に、この春就任した。副団長を2期4年務めてからの大役。「消防庁舎も新しくなり、新たな気持ち」と胸を膨らませる。201人が所属する消防団は、「地元の防災リーダー」。地域防災力の中核としての役割が求められる。「大きな災害の時、地元の団員がいれば『○○さんがいないね』と対応できる」と意義を力説する。

 ○…出身は群馬県。消防団で活動する父の背中を見て育ち、「みんな消防をやるもんだと思った」と振り返る。大学では工学を学び、そこで出会った教授に誘われIT業界に飛び込む。営業マンとして、全国を飛び回った。結婚を機に座間へ越し、1988年に消防団へ入団。2年に1度行われる消防操法大会へ向けて1日おきに練習するなど、活動に熱中した。「クラブ活動みたいで楽しかった。みんなで優勝をめざしているうちに絆が芽生えてくる」

 ○…趣味は海釣り。営業マン時代はお客さんと一緒にキスやタイ釣りを楽しんだ。3人の子どもが成長したいま、夫婦水入らずの旅行も楽しみの一つ。先日は北海道へ足を運んだ。「元気なうちにあちこち行きたい。47都道府県制覇が目標です」と朗らかに笑う。

 ○…担い手が減りつつある消防団。「なりたがる人が少ない。変革期だと思う」。OB会を中心に新居へ訪問し、会員増強を図るもなかなか理解を得るのが難しいという。よりよい組織となるにはどうすべきか、現状に即したあり方を模索する日々を送る。今後特に力を入れたいと考えているのが、防災分野での市民への啓発活動だ。「3日分の非常食、水を用意してない家庭が多い。行政と協力できれば」。熱き思いを持った団員を束ね、防災リーダーとして市民の安全を守る。

座間版の人物風土記最新6

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

清水 茂久さん

「図書館を使った調べる学習コンクール」で市長賞を受賞した

清水 茂久さん

明王在住 73歳

12月6日号

新村 米子さん

カフェきづきで「咲き織り展」を開催している

新村 米子さん

西栗原在住 72歳

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク