座間版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

「座間市ひばりが丘剣友会」の会長として、子どもたちを指導する 池脇 哲哉さん 相模台在住 76歳

目先の勝利に囚われず

 ○…地域の剣道クラブとして発足し、創立40周年を迎えた座間市ひばりが丘剣友会。6月3日には記念大会を行い、節目を祝った。ひばりが丘小や旭小を拠点に、小学生から大学生27人、15人の指導者が所属。会長として長年子どもたちの指導にあたってきたが、技術指導より大切にしているのが礼儀作法だ。「履き物をそろえる、あいさつがしっかりできる――。勝ち方を覚えるよりも大事なこと」と力説する。

 ○…生まれは東京都。3兄妹の末っ子として生まれ、家族の影響で武道を習う。剣道を始めたのは、高校1年から。百人以上の厚い選手層で、日の目を見ることは無かったが、地道に剣を振った。「辛いことが楽しかった。嫌になったことはないよ」と微笑む。大学卒業後は大東京信用組合に就職。多忙のため剣道から離れたが、ひばりが丘剣友会立ち上げにあたり、再び剣の道へと戻ってきた。「メッタメタに打たれたよ」。ブランクを取り戻すため、見よう見まねで強者の練習や指導法を吸収。基本を重んじる現在の指導に行きついた。

 ○…夫婦での旅行が趣味。北欧やベトナムなど、これまで28カ国を巡った。海外に行くたびに、「改めて日本の良さがわかります」。国内も北は北海道、南は沖縄まで全国各地を旅する。「若い頃の一人旅以来、夫婦で九州一周したけど、大宰府がにぎやかになっていて驚いた」。観光地の変化を見つけるのも、楽しみの一つだ。

 ○…「勝てるようになったのは、50歳を超えてからですよ」という大器晩成型。かつての控え選手は、第36回全日本高齢者武道大会(個人)70歳〜74歳の部で優勝するほどの全国屈指の実力者となった。「剣友会が50年、百年続けられるような体制を築きたい」。後進がスムースに跡を継げるよう、見守っていく。

座間版の人物風土記最新6件

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

関 伴治さん

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した

関 伴治さん

5月18日号

青木 賢太さん

「わんぱく相撲座間場所」を主催する座間JCの青少年健全育成委員長を務める

青木 賢太さん

5月4日号

谷口 晃生さん

25周年を迎える「イオンシネマ海老名」で総支配人を務める

谷口 晃生さん

4月27日号

加藤 拓也さん

イオンモール座間のゼネラルマネージャーを務める

加藤 拓也さん

4月20日号

鈴木 恵子さん

4月1日付けで座間市商工会の事務局長に就任した

鈴木 恵子さん

4月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

座間ゆかりの美術展

座間ゆかりの美術展

スタンプラリーも

6月10日~6月17日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク