座間版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた 斉藤 雄介さん 南栗原在住 27歳

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena

いつまでも学ぶ姿勢を

 ○…アフリカで稲作の技術者を育てようと昨年、ウガンダへ渡り、1月に帰国した。5年前にも野菜栽培を教えるため、セネガルへ。アフリカでは主食が雑穀やイモ類から米へと変化していたが、生産量不足が課題になり、現地の人から「稲作を教えてほしい」という一言がきっかけになった。「セネガルで米を食べる習慣を知った。生産力向上のため、現地の悩みである技術者を育成したいと思い始めた」と振り返る。

 ○…大学4年間は世界の文化、経済などを学んだ。農業は稲作や熱帯地域の穀物など幅広く勉強しようと授業だけで満足することなく、図書館にこもり、独学で専門書を読み漁った。大学2年のころ、青年海外協力隊として活動した先輩の話を聞き、アフリカへの強い思いが込み上げてきた。「勉強していることを活かせる場所が欲しかった。現地の様子を自分の目で見て、より深く研究したくて」と語る。

 ○…家族と南栗原で暮らし、現在は日大大学院生物資源科学科に通う修士2年。バスケットボールに打ち込み、汗を流していた高3の夏、父親に大学進学を勧められ、日大の国際地域開発学科へ進んだ。大学では野菜や米などの作物を育て、休日は藤沢市の果樹園で農作業の研究に励んできた。「同時にいくつも物事をこなすのが苦手。最近は不器用ながらも3つくらいは出来るようになった」とはにかむ。

 ○…「いくつになっても学ぶ姿勢を忘れない」がモットー。謙虚さを持ちつつ、分からないことは積極的に学ぶことを心がけている。今後は残りの学生生活を謳歌し、卒業後はアフリカを中心に農業や稲作を教える仕事を目指す。「アフリカは東西で経済的に格差が生まれている。これまでの経験を生かし、格差を埋めていきたい」

座間版の人物風土記最新6

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

69歳

8月23日号

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

日台高座友の会の設立に取り組む

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

48歳

8月16日号

古川 寛泰さん

9月1日にオペラ「トスカ」を上演するオペラ・ノヴェッラ代表を務める

古川 寛泰さん

座間市在住 37歳

8月2日号

高崎 将充さん

津軽三味線世界大会の唄付伴奏A級で準優勝を果たした

高崎 将充さん

ひばりが丘在住 33歳

7月26日号

渡部 由紀子さん

国際ソロプチミスト座間の会長に就任した

渡部 由紀子さん

入谷在住 63歳

7月12日号

鈴木 義隆さん

7月1日付けで座間ロータリークラブの会長に就任した

鈴木 義隆さん

相武台在住 56歳

7月5日号

石倉 みどりさん

仲間5人で作品展示販売会「古和楽」を開催した

石倉 みどりさん

座間市内在勤 

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「オダサガ」でちょい呑み

「オダサガ」でちょい呑み

28日、29日の2日間

8月28日~8月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク