座間版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

大和市制60周年健康将棋大会で優勝した 岡田 秀夫さん 南栗原在住 67歳

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena

変則自在に挑戦の日々

 ○…「顔を見れば分かるんだよ。強いか弱いか」。大和市制60周年を記念して行われた将棋大会で優勝した。得意な型は変則型で早指し。今大会でも20分の持ち時間を全ての試合で10分以上残したまま勝ち続けた。「時間をかけてゆっくり指すのは苦手でね。そういうタイプの人と指す時は、早めに投了しちゃうこともあるよ」と笑う。将棋は勝負事だから、対局前に勝つ自信があるかないかで勝敗が決まるという。「自信の無い顔を見るとね、『勝てるな』って分かるんだ。まずは気持ちからなのかもね」

 ○…埼玉県生まれ。作戦を練るのが好きで、三国志や戦国武将、軍記物などの本を読みふけった。「軍人になりたいなと思ったこともあったよ。“軍師”が付くような本はすぐ手に取っていたね」と懐かしむ。将棋を始めたのは20歳ごろ。知人の勧めで駒を手にした。週一回の割合で将棋会所に通い、自宅でも棋譜や専門書を読んだ。「半年後には3段くらいの実力になっていたよ」。20歳代は将棋に熱中し、様々な大会に出場しては優勝した。

 ○…50歳後半、大病を患った。肝硬変末期と診断され、小説家になろうとそれまで書き溜めた作品を全て捨てた。「大学ノート15冊分くらいかな、何もする気がなくなったよ」。自身でも医学書を200冊ほど読み漁り、不思議と病気は改善していった。「やはり気の持ちようなのかな。病気も将棋も」とストレスを溜めないように生活しているという。将棋に負けても「負けてやったと思うようにしてね。もちろん相手には言わないけどね」と笑う。

 ○…現在、コンピューター資格を取るため勉強に熱中している。「二進法とか基本からね。小説もまた書き出したしね。芥川賞狙うよ」とまだまだ挑戦の日々。

座間版の人物風土記最新6

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

清水 茂久さん

「図書館を使った調べる学習コンクール」で市長賞を受賞した

清水 茂久さん

明王在住 73歳

12月6日号

新村 米子さん

カフェきづきで「咲き織り展」を開催している

新村 米子さん

西栗原在住 72歳

11月22日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

入谷在住 55歳

11月15日号

小林 絵里子さん

日本ネイチャージャーナルクラブの主宰を務める

小林 絵里子さん

南栗原在住 49歳

11月8日号

大木 雅紀さん

相武台東小学校創立50周年記念事業実行委員会の実行委員長を務める

大木 雅紀さん

栗原在住 45歳

10月25日号

熊沢 楓さん

(一社)座間JC主催「2019ひまわり王女コンテスト」でグランプリに輝いた

熊沢 楓さん

座間市在住 22歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月12日~1月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク