座間版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

陸上自衛隊第4施設群長兼座間駐屯地司令を務める 尼子(あまこ) 将之さん 座間市在住 48歳

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena

「ありがとう」の言葉忘れず

 ○…「国民の皆さんの生命・財産を守ることが使命。国民の皆さんの安心安全のため一生懸命やっていきたい」。座間駐屯地司令として隊をとりまとめる。そして周辺自治体との交流にも力をいれる。多くの人に自衛隊の活動を理解・協力してもらうため、機会があれば様々なところに出席しあいさつする。

 ○…大阪府吹田市生まれ。「落ち着かない子どもだったかな。ちょろちょろしていた」と笑う。実家は工務店を営み、理数系が得意だったこともあり土木工学の道を目指していた。地元の高校を卒業後、防衛大へ。他の大学も合格したが、進路を決めたのは祖母の一言だった。広島で戦争を体験し、海軍基地で働いたこともある祖母が「防衛大学といったら海軍兵学校と一緒じゃけ大したもんだ。しっかり勉強して、いってきんしゃい」と背中を押してくれた。

 ○…座間市へは、仕事で日帰りしたことはあったが、居を構えたのは初めて。「緑の多いところで、丹沢・大山の山並みもキレイ。水も美味しく、とても住みやすいまち」と印象を語り、「転任する前までに大山は登りたいですね」。6月に芹沢公園で行われるZAMA坂道マラソンにも出場する。「昨年はへばってしまったので、今年は頑張りますよ」と力強く話す。

 ○…駐屯地をまとめる緊張の日々が続くが、心を支えるのは「ありがとう」という言葉。被災地で活動し帰るときに、被災者からの「ありがとう」という言葉ですべての苦労が救われたという。気分転換は子どもと遊ぶこと。小学1年生の男の子と2歳の女の子。「どんなに疲れていても、子どもの笑顔が一番」とニッコリ。「座間市とは行政を始め多くの団体、市民の方々ととても良好な関係を築けている。続くように尽力したい」と話す。

座間版の人物風土記最新6

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

69歳

8月23日号

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

日台高座友の会の設立に取り組む

橋本 吉宣(よしのぶ)さん

48歳

8月16日号

古川 寛泰さん

9月1日にオペラ「トスカ」を上演するオペラ・ノヴェッラ代表を務める

古川 寛泰さん

座間市在住 37歳

8月2日号

高崎 将充さん

津軽三味線世界大会の唄付伴奏A級で準優勝を果たした

高崎 将充さん

ひばりが丘在住 33歳

7月26日号

渡部 由紀子さん

国際ソロプチミスト座間の会長に就任した

渡部 由紀子さん

入谷在住 63歳

7月12日号

鈴木 義隆さん

7月1日付けで座間ロータリークラブの会長に就任した

鈴木 義隆さん

相武台在住 56歳

7月5日号

石倉 みどりさん

仲間5人で作品展示販売会「古和楽」を開催した

石倉 みどりさん

座間市内在勤 

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「オダサガ」でちょい呑み

「オダサガ」でちょい呑み

28日、29日の2日間

8月28日~8月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク