座間版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

公民館やスタジオでダンスを教えている 守屋 匠(しょう)子さん 座間在住 34歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

変化恐れず進む

 ○…2人目を出産して3カ月とは思えない身のこなしに、弾ける笑顔、明るい声。座間市公民館やダンススタジオでダンスを教えている。ダンサー、インストラクター、妻、母。どの顔の時も全力で楽しく。「自分のダンスでみんなが楽しんだり、喜んだりしているのを見るのが好き」

 ○…ダンスに出合ったのは5歳の時。はじまりはバレエだった。思春期を迎え、否応なしに変化する体格にやりづらさを感じていた矢先、母の勧めでジャズダンスに転向。進学した座間高校では、ダンス部に所属し、全国大会出場も果たした。その後、大学に通いながら、プロの世界へ。ダンス事務所のオーディションに合格し、テレビや舞台などさまざまなステージを踏んだ。青山劇場、新国立劇場、武道館。名だたるステージのライトを浴びながら、1週間に15本のレッスンをこなす怒涛の日々を送った。「楽しいことも辛いことも全部経験できた。自信をつけた10年だった」

 ○…今年1月、主宰するダンスチーム「SHOWSUN」の公演を迎えたのは2人目の臨月。出産後は、乳飲み子を母に預け、ダンスを教えに出かけることも。周囲に驚かれることも多いが、「自分の体は自分がよくわかっているはず」。恩師の言葉を胸に、結婚・出産後は、日々変わる環境と体を受け入れながら、歩みを進めてきた。

 ○…「変化しながらも続けることが大事」。結婚・出産を機に、ダンサーとしての生活は激変した。それでも「辞める」という選択肢はない。今は、これまでとは違う「新しいステージがスタートしたところ。これからつくっていきたい」。まずはスポーツトレーナーの夫と二人三脚で「体を戻すこと」が目標。「本当に家族には感謝しかないですね」と白い歯を見せた。

座間版の人物風土記最新6

荒川 幾夫さん

「座間の森育てる会」の6代目会長を務める

荒川 幾夫さん

立野台在住 79歳

6月14日号

尼子(あまこ) 将之さん

陸上自衛隊第4施設群長兼座間駐屯地司令を務める

尼子(あまこ) 将之さん

座間市在住 48歳

5月31日号

迎 隆一朗さん

ワークショップイベント「ZAMAわくわく町工場」の事務局長を務める

迎 隆一朗さん

(有)樹脂リードモデル代表 54歳

5月17日号

稲本 潤一さん

元サッカー日本代表で、今季座間市をホームタウンにするSC相模原に入団した

稲本 潤一さん

39歳

4月12日号

小林 淳一さん

新しく座間警察署の署長に就任した

小林 淳一さん

 58歳

4月5日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

楽しく認知症予防

楽しく認知症予防

22日、サニープレイス座間

6月22日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク