座間版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

「座間の森育てる会」の6代目会長を務める 荒川 幾夫さん 立野台在住 79歳

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

「花はうそつかない」

 ○…毎年、この時季に、雅やかな花を咲かせ、人々の目を楽しませている立野台公園のハナショウブ。30年程前に「座間の森 育てる会」に入会して以来、「かながわの花の名所100選」にも選ばれた立野台公園の「菖蒲の里」を妻と会のメンバーとともに守り続けている。「今年は特にきれいだよ」。我が子のように大事に育てた花を前に、目を細める。

 ○…2代目の会長に誘われて、先に入会した妻を追いかけるように入会。会長を引き継いだのは、8年前。以来、月に1回の会としての活動とは別に、週に3回は公園に足を運び、草取りに勤しむ。「人間と草の戦いだね」。見頃を迎える今の時季は、毎朝公園に赴き、草取りだけでなく、咲き終わってしおれた花を摘む「花がら摘み」も行う。「人は花だけを見る訳ではないから。人が見に来る前にやらないと」。花をより楽しんでもらうため、花をきれいに咲かせることはもちろん、その周りにも気を配り、魅せることに余念がない。

 ○…自宅の庭にも色とりどりのハナショウブを咲かせる。その数、100鉢。その一部は、座間市役所内を彩り、庁内の風物詩となっている。

 自宅で育てる花の苗は毎年、妻とともに買いに行く。少しだけふんぱつして購入した花に限って、咲かないことがある。「“咲かないね”なんて言って、公園に持って行くときれいな花を咲かせるんだよね」と笑う。

 ○…「一生懸命やればやるだけきれいに咲く」。花を見に来る人に「今年もきれいだね」、そんな風に言われると「その気になっちゃう」。最も大きな花を咲かせると言われる一番花は、3日しかもたない。そのはかない命を輝かせるため、手をぬくことはない。「好きだからかな」。今日も颯爽と菖蒲の里に向かう。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク