座間版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

「座間の森育てる会」の6代目会長を務める 荒川 幾夫さん 立野台在住 79歳

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

「花はうそつかない」

 ○…毎年、この時季に、雅やかな花を咲かせ、人々の目を楽しませている立野台公園のハナショウブ。30年程前に「座間の森 育てる会」に入会して以来、「かながわの花の名所100選」にも選ばれた立野台公園の「菖蒲の里」を妻と会のメンバーとともに守り続けている。「今年は特にきれいだよ」。我が子のように大事に育てた花を前に、目を細める。

 ○…2代目の会長に誘われて、先に入会した妻を追いかけるように入会。会長を引き継いだのは、8年前。以来、月に1回の会としての活動とは別に、週に3回は公園に足を運び、草取りに勤しむ。「人間と草の戦いだね」。見頃を迎える今の時季は、毎朝公園に赴き、草取りだけでなく、咲き終わってしおれた花を摘む「花がら摘み」も行う。「人は花だけを見る訳ではないから。人が見に来る前にやらないと」。花をより楽しんでもらうため、花をきれいに咲かせることはもちろん、その周りにも気を配り、魅せることに余念がない。

 ○…自宅の庭にも色とりどりのハナショウブを咲かせる。その数、100鉢。その一部は、座間市役所内を彩り、庁内の風物詩となっている。

 自宅で育てる花の苗は毎年、妻とともに買いに行く。少しだけふんぱつして購入した花に限って、咲かないことがある。「“咲かないね”なんて言って、公園に持って行くときれいな花を咲かせるんだよね」と笑う。

 ○…「一生懸命やればやるだけきれいに咲く」。花を見に来る人に「今年もきれいだね」、そんな風に言われると「その気になっちゃう」。最も大きな花を咲かせると言われる一番花は、3日しかもたない。そのはかない命を輝かせるため、手をぬくことはない。「好きだからかな」。今日も颯爽と菖蒲の里に向かう。

座間版の人物風土記最新6

清水 茂久さん

「図書館を使った調べる学習コンクール」で市長賞を受賞した

清水 茂久さん

明王在住 73歳

12月6日号

新村 米子さん

カフェきづきで「咲き織り展」を開催している

新村 米子さん

西栗原在住 72歳

11月22日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

入谷在住 55歳

11月15日号

小林 絵里子さん

日本ネイチャージャーナルクラブの主宰を務める

小林 絵里子さん

南栗原在住 49歳

11月8日号

大木 雅紀さん

相武台東小学校創立50周年記念事業実行委員会の実行委員長を務める

大木 雅紀さん

栗原在住 45歳

10月25日号

熊沢 楓さん

(一社)座間JC主催「2019ひまわり王女コンテスト」でグランプリに輝いた

熊沢 楓さん

座間市在住 22歳

10月18日号

稲垣 美佳さん

「ざまねこ 野良猫を増やさない会」の代表を務める

稲垣 美佳さん

座間在住 49歳

10月11日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小学生ランナー募集

小学生ランナー募集

日産座間でマラソン大会

1月12日~1月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク