座間版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

「図書館を使った調べる学習コンクール」で市長賞を受賞した 清水 茂久さん 明王在住 73歳

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena

ルーツをたずねて3年

 ○…「ここの細い道を新磯まで自転車で通ったんだ。帰りは下りで良いが、朝の行きは緩く登っていて…」「僕のばあさんは、この中新田の大島一族から嫁に出たんだ」。現在の海老名で生まれ、相模原の小学校が師範学校を卒業して最初の勤務地だった父の話をその道を通るたびに聞いていた。当時は聞き流していたそんな父の言葉をふと思い出し、コンクールを良い機会ととらえ、3年がかりで自身の系譜を辿り、まとめた。父の本棚に残っていた資料をはじめ、海老名市史や大和市史、地図、寺、資料館、関係者や郷土史愛好家への取材などあらゆる方法で情報をあつめ、規定の50ページに溢れんばかりの大作に仕上げた。

 ○…「調べ物はそんなに好きなわけじゃない」と照れくさそうに笑う。65歳で退職後、知人の紹介で「あすなろ大学」に入学。「『調べ学習』をはじめとする自主的な学習文化活動」に取り組むようになった。コンクールにはこれまでに3度出展している。

 ○…座間生まれ、座間育ち。現役時代は、デパートに勤務。最後の5年は、アウトドア用品の販売を担当した。「最後は楽しませてもらったかな」。日本百名山を制覇した自身の経験を生かし、登山初心者の用品購入をサポートした。盆暮れ正月のないデパートでの仕事の合間を縫って取った休みには、北アルプス縦走や東北の山々の踏破を成し遂げた。

 ○…今回の調べ学習を通して「昔の人が居たから歴史がつなぎ続けられたというより、今私たちが生きているから、そこに歴史が作られる」ことを実感。親戚にも喜んでもらえた。将来、子どもや孫にも同じような感動を覚えてもらえたらと願う。次は、系譜にかかわる偉人「大島正健」を深掘すると決めている。

座間版の人物風土記最新6

笹岡 泉さん

フェイスブックページ「We Love Zama」のタウンリポーターを長年務める

笹岡 泉さん

緑ケ丘在住 70歳

1月31日号

松田 恵三さん

28日(火)まで行われている第3回「座間市民写真展」の実行委員長を務める

松田 恵三さん

栗原中央在住 80歳

1月24日号

永野 貴義さん

高座クリーンセンター環境プラザの施設長として施設の情報発信に力を入れる

永野 貴義さん

46歳

1月17日号

増田 修孝(のぶたか)さん

1月1日付で(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

増田 修孝(のぶたか)さん

栗原中央在住 38歳

1月10日号

出口 有加さん

市内で出版社「犀(サイ)の工房」を営む

出口 有加さん

四ツ谷在住 38歳

1月1日号

徳永 誠さん

座間市立市民交流プラザ「プラっとざま」の所長を務める

徳永 誠さん

座間市在勤 57歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク