厚木版 掲載号:2013年12月27日号
  • googleplus
  • LINE

三が日だけの特大賽銭箱 厚木神社が混雑緩和を目的に

宮大工が作った新しい賽銭箱と神社総代ら
宮大工が作った新しい賽銭箱と神社総代ら

 正月を前に、市内厚木町の厚木神社では、従来の倍以上の大きさとなる賽銭箱を用意した。例年、元日には相模大橋の下まで初詣の客が訪れることから、混雑緩和を目的として新たに製作した。三が日のみの設置となる。

 同神社総代の三橋馨さんによれば、これまで参拝者は賽銭箱の横幅に合わせて2列に分かれてお詣りしていた。そのため列が非常に長くなり、最大で相模大橋の下まで伸びたこともあった。参拝に2時間近くかかった人もいるという。

 そこで「寒いなかで参拝者をあまり待たせないようにできないか」と、賽銭箱の新調を決定。昨年の大規模修復「平成の御修造」を手掛けた愛川町半原の宮大工・鈴木光雄さんに今年9月、製作を依頼した。

 賽銭箱の大きさは、横幅2m30cm、縦80cm、高さ1m。これまであった鉄製の賽銭箱は、横のサイズが1m弱だったため、すっぽり隠れる大きさになっている。ちょうど4人が並んで参拝できる横幅のため、例年よりもスムーズな初詣ができるという。

 賽銭箱は組立て式。大晦日に総代らによって設置され、参拝が集中する三が日のみ置かれる。同神社責任役員の大島秀夫さんは「これまでは列も長くなって大変だった。雨が降った年もあったので、寒い中お待たせせずに参拝してもらえれば」と話した。

年明けには鈴を設置

 同神社では年明け早々、新たに拝殿に鈴を設置する。鈴は市内松枝の中本製作所が製造。その下には麻でできた鈴緒と木製の六角柱の飾り(桐枠)が付けられる。六角柱の各面には「家内安全」「商売繁盛」「交通安全」「身体壮健」の4語などが入るという。

 神社の鈴には参拝者を祓い清める意味があるとされている。「昔は鈴があったらしいが、ここ最近は付いていなかった。お詣りに訪れた際にはぜひ鳴らしていってほしい」と三橋さん。来年は、厚木神社で「神頼み」する姿が増えそうだ。
 

これまでの賽銭箱
これまでの賽銭箱

厚木版のトップニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク