厚木・愛川・清川版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

神奈川工科大ソーラーカー “魂”のせて3連覇 3日間で675Km走行

教育

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
左から國澤優大さん、川口助教、須藤准教授、隠明寺直人さん、中沢さん、阿達亮輔さん、根本悠希さん、大場公洋さん、京樂慧海さん、松本匡弘さんとKAIT Spirit(提供・神奈川工科大学KAITソーラーカープロジェクト)
左から國澤優大さん、川口助教、須藤准教授、隠明寺直人さん、中沢さん、阿達亮輔さん、根本悠希さん、大場公洋さん、京樂慧海さん、松本匡弘さんとKAIT Spirit(提供・神奈川工科大学KAITソーラーカープロジェクト)

 神奈川工科大学(市内下荻野・小宮一三学長)のKAITソーラーカープロジェクトが、8月9日から11日に秋田県大潟村で行われた「2017ワールド・グリーン・チャレンジ(以下=WGC)」のアドベンチャークラスで優勝し、3連覇を達成した。

 WGCは今年で開催25回目。1周25Kmの国内最長コースを誇る大潟村ソーラースポーツラインを、3日間25時間にわたり走行距離を競う耐久レースだ。

 出場メンバーは、自動車システム開発工学科3年でプロジェクトリーダーの中沢允(みつる)さんを筆頭に大学院生1人を含む学生8人と、同学科の川口隆史助教、須藤康裕准教授の10人。全長約5m、120kgの”KAIT Spirit”は、2012年に完成した車体。約12cm四方の太陽電池セル390枚と蓄電池5kgを搭載し、改良を重ねて臨んだレースで、3年連続の栄光の立役者となった。

 アドベンチャークラスには、ライバルの東海大熊本ソーラーカーチームなど6チームが出場。ドライバーの走行時間は1回3時間、車体に積む太陽電池の面積や蓄電池の重さなど、さまざまな規定がある。

 レース初日、振動によるコネクターの接触不良と、タイヤのパンクという予期せぬトラブルに見舞われた。だがドライバーから携帯電話で伝えられる不調の報告にも、コックピット側は冷静だった。初日終了の時点で気持ちを切り替え、2日目以降に向けて車体を徹底的に点検。その甲斐あり残り2日は快調に進み、レース最終日には晴天のもと、最高速度90Kmでサーキットを駆けた。27周(走行距離675Km)の記録で、アドベンチャークラス3連覇とともに、2年ぶり2度目の総合優勝も飾った。

 「少ないエネルギーで長く走れることが楽しい」という中沢さんたちのチームは現在、新たなソーラーカーを制作中。来年は出場クラスを変えてレースに臨む。「どこまで戦えるのか挑戦したい」と力強く語った。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

児童と作る花火動画

厚木JC

児童と作る花火動画 社会

12月中旬の配信目指す

11月20日号

20年の活動に感謝状

コンビニ防犯連絡協議会

20年の活動に感謝状 社会

会社の垣根越え情報共有

11月20日号

収穫野菜をFB(フードバンク)に寄付

東京農業大学

収穫野菜をFB(フードバンク)に寄付 社会

学園祭中止で「役に立てば」

11月13日号

出水騎手がファイナル進出

厚木市出身

出水騎手がファイナル進出 スポーツ

競馬のヤングジョッキーズシリーズ

11月13日号

ステッカーで厚木をPR

ステッカーで厚木をPR 社会

県トラック協議会・厚木

11月6日号

児童虐待・DV根絶へ

厚木市

児童虐待・DV根絶へ 社会

啓発活動を2カ所で実施

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク