厚木版 掲載号:2018年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

活動報告No.245 厚木の声を県政に 神奈川県議会議員 さとう 知一(48歳)

 新年度が始まりました。私はこれまで、福祉政策や環境・教育等、ソフトな行政分野を重視した施策を提案して参りました。

 「執行あって経営なし」という地方行政の時代は終わり、自治体においても、自己決定・自己責任の時代となります。

 発想が豊かで柔らかい、タフな人材こそが求められる時代となっています。

次世代への責任

 誰も排除されず、誰も置き去りにされない社会を創り、子供が強く安全に育つ環境を創る責任が私たち世代にあります。

 都市再生は、大都市のみに偏らず、中小地方都市から、農山村エリアまでがネットワーク型で連携する必要があります。

佐藤知一の提案

 公共施設整備等、ハード重視に偏らず、既存施設の利用・活用推進が、前提です。箱もの重視の施策からの脱却が不可欠です。

 これまでも大学や企業、NPO等、多様な主体と行政の協働連携を提案し「官民連携の取組み」を実現して参りました。

神奈川県議会議員 さとう知一

厚木市寿町1-2-3-101佐藤知一事務所

TEL:070-6407-3910

http://sato-tomokazu.com/

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク