厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月1日号 エリアトップへ

生ごみ処理機 「キエーロ」に購入助成 厚木市 10tの減量めざす

社会

掲載号:2018年6月1日号

  • LINE
  • hatena
「厚木キエーロ」はベランダ置きタイプ(右)と直置きタイプがある
「厚木キエーロ」はベランダ置きタイプ(右)と直置きタイプがある

 厚木市は、ごみ減量に向けた施策として、4月から生ごみ処理機「厚木キエーロ」の購入費の助成をスタートした。1台当たり1万2000円を助成し、年間で約10tの生ごみ減量をめざす。

 キエーロは、土の中にあるバクテリアを使って、生ごみを分解、消滅させる処理機。県内では、葉山町、鎌倉市、藤沢市、愛川町などで活用されており、導入が進んでいる。

 厚木市ではこれまで、家庭ごみの減量を目的に、電動の生ごみ処理機などの購入費を助成してきた。さらなるごみ減量をめざすため、生ごみが完全に無くなるキエーロに着目。昨年8月から20世帯を対象に行った実証実験では、1日平均で1人60gの削減が見られ、生ごみの減量に期待できると、今回の導入に至った。

 厚木キエーロは、厚木市森林組合(七沢237)が市内の間伐材を使って製作、販売している。2種類で、ベランダ置きタイプ(幅90cm、奥行き45cm、高さ80cm)と、直置きタイプ(幅110cm、奥行き60cm、高さ45cm)がある。本体価格は税別1万5000円。

 市が助成するのは本体価格の8割となる1万2000円。対象は市内在住の世帯で、1世帯2台まで。購入費助成の予算は156万円で、先着130台が対象となる。申請方法は、キエーロ購入後に、【1】領収書の原本とその写し、【2】印鑑、【3】振込口座がわかるものを持参の上、市環境政策課へ。担当者は「申請はまだないが、キエーロの購入が数件あったことは確認している。キエーロが普及して、生ごみ減量につながれば」と話す。

総排出量は増加傾向

 昨年度、厚木市の家庭から出たごみの総排出量(速報値)は5万7488tで、過去5年で最も多かった。内訳は、資源ごみが2万860tで最も多く、それ以外のごみが3万6628tだった。市の担当者は「資源ごみもいずれはごみになるので、総排出量をいかに抑えられるかが、現在の課題。そんな中、燃えるごみは減少傾向にあり、CO2削減にもなって良いこと」と分析する。

 市では、ごみの減量へ向け、食材の食べきり、使い切りを啓発する「もったいない運動」や食品ロスを減らす「3010運動」を推進。資源化の取り組みとして、今年度から羽毛布団のリサイクルを始めるなど、対策に力を入れている。

 厚木キエーロに関する問合せは同課【電話】046・225・2749へ。
 

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

6基の新水槽が完成

あゆ種苗センター

6基の新水槽が完成 社会

5tの生産量増見込む

12月6日号

夢未市が10周年

JAあつぎ

夢未市が10周年 経済

今日から8日まで記念祭

12月6日号

和裁ひとすじ、半世紀

神奈川の名工

和裁ひとすじ、半世紀 文化

厚木市から軍司さんが受賞

11月29日号

小鮎小PTAが大臣表彰

小鮎小PTAが大臣表彰 教育

「地域とのつながり」評価

11月29日号

南蛮屋本店が受賞

県優良小売店舗表彰

南蛮屋本店が受賞 文化

 炭火焙煎コーヒー店

11月22日号

荻野で2度目の実証運行

厚木市

荻野で2度目の実証運行 社会

「地域コミュ交通」実現へ向け

11月22日号

地域一丸で125周年祝福

愛川町立高峰小

地域一丸で125周年祝福 教育

ドローンで人文字撮影

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夢を諦めない

12月7日参加募集

夢を諦めない

 親子で学べる講演・体験会

12月7日~12月7日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク