厚木版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • はてぶ

厚木グラススタジオ島村さん 涼を呼ぶ花玻璃(はなはり)の音 川崎大師風鈴市へ出品

文化

吹き込む息で膨らみを加減する島村さん
吹き込む息で膨らみを加減する島村さん
 全国各地から900種類3万個の風鈴が並ぶ第23回川崎大師風鈴市(7月18日(水)〜22日(日))に、島村信一さん(72)が「あつぎ花玻璃ふうりん」を出品する。現在、妻田北の厚木グラススタジオ(小野里澄人代表)で制作が進む。

 ガラスを指す”玻璃”の名を冠した「あつぎ花玻璃ふうりん」は島村さんのオリジナル商品。小花模様をランダムにあしらった球型で、本体に触れて音を鳴らす「舌(ぜつ)」と呼ばれる小片も、ガラスでできている。

 まずピンポン玉ほどのガラスの塊を筒の先ですくい、ゆっくりと息を吹き込み膨らませる。別に作っておいた5ミリほどの小花のパーツを本体に押し当て、再度炉の中に入れて溶かし一体化させた後、舌が触れる部分を焼き切り、筒から本体を離して完成だ。

 花玻璃ふうりんは、川崎大師からの声掛けで、12年ほど前から出品を始めた。多いときで70個ほど、ここ数年は30個を納めている。

 島村さんは1964(昭和39)年、日本陶器株式会社(現(株)ノリタケカンパニーリミテド)に入社。2000(平成12)年の退社まで、ガラス職人の道を歩み続けた。現在は制作の傍ら、スタジオの講師も務める。「気を抜くとうまく膨らまない難しさはあるが、美しく仕上がった時のうれしさは格別」と、1280℃にも達する炉の前を身軽に移動し、制作に取組む。

 川崎大師風鈴市は境内特設会場で午前10時〜午後6時まで開催(20日(金)のみ午後8時まで)。

 あつぎ花玻璃ふうりんは、同スタジオでも購入可。1つ税込3780円。問合せは【電話】046・297・5700へ(午前10時〜午後6時、火曜休)。

透き通る音が心地よい花玻璃ふうりん
透き通る音が心地よい花玻璃ふうりん

厚木版のトップニュース最新6件

日々の移動 もっと便利に

地域コミュニティ交通

日々の移動 もっと便利に

11月16日号

「やってみたい」が集合

築55年緑ヶ丘団地

「やってみたい」が集合

11月16日号

国内最大の災害訓練施設開所

パフォーマー10組が初登場

市民と振り返る10年

セーフコミュニティ

市民と振り返る10年

11月2日号

地域文化の拠点 40周年

厚木市文化会館

地域文化の拠点 40周年

11月2日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク