厚木版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

そろばん 弾(はじ)いて満点合格 北小6年の今城(いまじょう)さん

教育

慣れた手つきでそろばんを弾く
慣れた手つきでそろばんを弾く
 森田珠算塾に通う今城虹夢(ななみ)さん(北小6年)が、6月に行われた珠算能力検定試験1級で満点合格表彰を受けた。

 1級検定は、30分でみとり算と11けたのかけ算、10けたのわり算をそれぞれ100点、300点満点で行われる。「わり算が得意」だという今城さんは、検算をし数字を綺麗に書き直すなど、余裕を持って問題を解き終えた。

 合格ラインは240点で、6月の全国での合格率は28・6%。そのうち満点合格者は32人だった。同塾の森田みどりさんは「ここで45年超そろばんを教えているが、満点合格は今までで一人しかいなかった」と話す。

 満点を取ると審査員15人が検算し、「カンマが数字に触れていないか」「数字が二重に見えないか」など、細かく審査したうえで、さらに中央審査に送られる。返答が来るまでの約2カ月は「もう待ち遠しくてね」と森田さんと今城さん師弟は顔を見合わせた。やっと届いた満点合格の賞状と盾を手にし、今城さんは「うれしいです」と安堵の笑顔を見せた。

 今城さんは4年生の時にそろばんをはじめ、週4回2時間ほどそろばんを弾いている。「正解できると楽しい」とにっこり。次は段位取得を目指し、机に向かう。

賞状を手ににっこり
賞状を手ににっこり

厚木版のローカルニュース最新6件

変わったのは環境?意識?

「おかえり」いきものがかり

「多くの人に興味を持ってほしい」

厚木市消防団

「多くの人に興味を持ってほしい」

11月9日号

ルーツを武器にお笑い界の頂へ

かぐわしい魅力伝えて

“黒い鶏が産む赤い卵”

「おいしい厚木コンテスト」テーマ食材

“黒い鶏が産む赤い卵”

11月9日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月9日号

お問い合わせ

外部リンク