厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

厚木北高野球部 4連続逆転勝利で快進撃 あす6日準決勝、桐蔭学園戦

スポーツ

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena
大一番に臨む厚北ナイン
大一番に臨む厚北ナイン

 厚木北高校野球部が快進撃を続けている。9月に開幕した県高等学校野球秋季県大会で、4試合連続の逆転劇で準決勝まで駒を進めた。同高が秋季大会でベスト4に進むのは初。あす10月6日(土)には、決勝進出を懸けて桐蔭学園戦に臨む。

 厚木北高は今大会、2回戦から登場。大師高(川崎市)に3―1で勝利すると、白山高(横浜市)に6―4、伊志田高(伊勢原市)に5―4、準々決勝の湘南工科大学附属高(藤沢市)に5―4でサヨナラ勝ちした。すべてが逆転での勝利に加賀谷実(まこと)監督は「持ってる力を出し切れるチーム。スタミナがあって粘り強い」と評する。奈良竜王介(りゅうのすけ)主将は「印象深いのは白山戦。4―1で負けていたところから仲間が打ってくれて逆転した。流れがグッときた」と話す。

 今大会は決勝進出の2チームが関東大会へ出場する。大一番に向けて奈良主将は「自分たちは弱者。強い相手に対して攻めて勝つ以外にない。初回から全力でいきたい」と闘志を燃やす。

試合前には客席拭き

 同高の過去の最高戦績は、2011年県春季大会のベスト4。現在のチームは、夏に3年が引退し部員は41人。チームのスローガンは『あきらめない強い漢(おとこ)』。「野球は点差が開いた9回からでも、逆転の可能性がある」と加賀谷監督。まさしく今大会は、あきらめない野球で勝ち上がっている。

 試合前には、控えメンバーが相手チームも含めた客席を拭くのが定番に。「学校生活でも身の回りを綺麗にと教わっているし、清めるというのもある」と奈良主将。チーム一丸となり、あきらめない野球で準決勝に挑む。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

雇用創出で地域に貢献

雇用創出で地域に貢献 社会

「はーとふる農園愛川」開所

5月7日号

ミス・グランド 神奈川に

厚木市出身落合楓乃さん

ミス・グランド 神奈川に 社会

「うれしさ100%」

5月7日号

青春を重ね開催待つ

東京五輪ソフトボール

青春を重ね開催待つ スポーツ

厚木市在住の飯島さん

4月30日号

映画のロケ地を巡る

伊勢原

映画のロケ地を巡る 社会

10カ所に等身大パネル

4月30日号

9カ月ぶりにパトロール

本厚木駅周辺環境浄化対協

9カ月ぶりにパトロール コミュニティ社会

約60人で安心安全を訴え

4月23日号

8人の顔ぶれ決まる

清川村議選

8人の顔ぶれ決まる 政治

細野賢一氏がトップ当選

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter