厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポートNo.8 「肩の痛み、続く場合は注意」 取材協力/とうめい厚木クリニック

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
成尾宗浩医師。大学時代は漕艇部、剣道部で汗を流した。妻、子ども2人(7歳・2歳)の4人家族。現在、子育て奮闘中
成尾宗浩医師。大学時代は漕艇部、剣道部で汗を流した。妻、子ども2人(7歳・2歳)の4人家族。現在、子育て奮闘中

 東名厚木病院などを展開する社会医療法人社団三思会(市内船子)は、県央地域の中核病院として住民に地域医療を提供する。同法人の総合外来部門「とうめい厚木クリニック」の整形外科医(科長)、成尾宗浩氏に話をうかがった。

 同科でカバーするのは【1】骨折や脱臼、靭帯断裂などの外傷、【2】人工関節などを扱う関節外科、【3】脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどを診る脊椎外科の3つ。常勤・非常勤合わせて15人の医師が勤務しており、外来は年間およそ6300件、病院の手術は年間約730件にのぼる。

 成尾医師の専門は、関節外科で、主に肩や膝を診療する。高齢による軟骨のすり減りや、腱が断裂したことが原因で肩が上がらなくなった患者に対して、昨年から肩の逆転型人工関節手術を導入。患者の選択肢が広がった。「肩の痛みが続く場合は、外来を受診することを推奨します。多くの場合はリハビリで対処可能ですが、背筋をうまく使うことがポイントです」。

 近年では高齢者のスポーツによるケガの再建手術など、新たなニーズも増えてきた。同クリニックではO脚や外反母趾、骨粗しょう症などの相談にも外来で対応している。

社会医療法人社団 三思会 とうめい厚木クリニック

厚木市船子237

TEL:046-229-3377

https://www.tomei.or.jp/hospital/

厚木・愛川・清川版のピックアップ(PR)最新6

ABAセラピーで個別に療育支援

オープン

ABAセラピーで個別に療育支援

てらぴぁぽけっと本厚木教室

1月17日号

運動器から「丈夫な身体づくり」

医療レポートNo.22

運動器から「丈夫な身体づくり」

取材協力/とうめい厚木クリニック

1月17日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

1月17日号

相続の無料相談会

相続の無料相談会

1月31日〜2月1日の2日間

1月17日号

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

40歳以上の方のための「健康ダイエット」教室

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

すでに7000人以上の女性が習得

1月10日号

「MYバレンタイン」開催

バレンタイン限定の婦人科検診 2月16日

「MYバレンタイン」開催

東名厚木メディカルサテライト

1月10日号

LINEで断水情報等を発信

LINEで断水情報等を発信

災害に備え県が登録呼び掛け

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク