厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

厚木中央公園 「噴水球」取り壊し撤去へ 故障で復旧断念

政治

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
故障を知らせる看板が掲出されている噴水球周辺=10月18日
故障を知らせる看板が掲出されている噴水球周辺=10月18日

 厚木中央公園西側にある28個の「噴水球」が、故障のためすべて取り壊し撤去される計画であることが分かった。市が10月5日の市議会全員協議会で報告した。中心にある池を埋めて、多目的に利用できる広場として暫定的に整備される見通し。

 厚木中央公園は、市役所の北側にあり、鮎まつりをはじめ各種催しの中心会場になることが多い公園。災害時には避難広場として利用できる防災機能を備えている。

 噴水球があるのは、公園西側の憩いの広場。直径2メートル、約2・8トンの噴水球28個が、20m四方の池を囲んで並ぶ。1997年4月の公園全面開園に合わせて設置され、21年が経過した。当初は夜に青や緑色にライトアップされ、夜を彩るオブジェとして活用。特徴的なデザインで、訪れる人たちの目を引いていた。

 市公園緑地課によると、取り壊しの主な理由は、今年8月の台風で地下室が浸水したことによる電気設備の故障。修理に概算で6000万円以上がかかることなどから復旧を断念した。

 故障前の噴水は、日中午前10時から午後4時までと、夜間のいたずら防止対策として午後10時から翌日朝4時まで、水を出していた。同課によると公園の維持管理費として、年間約450万円がかかっているという。

 噴水球と池がある約1600平方メートルの敷地については、撤去と埋め立てが行われ、暫定的に多目的広場として整備される計画。工期などは未定で、市議会の議決を経て、着工される。同課では公園の全面リニューアルも視野に検討しているところで、重田真人課長は「市民のみなさまのご意見を頂きながら、今後の検討に入りたい」とコメントした。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

子どもの守り神に

恩名興福寺

子どもの守り神に 文化

山門前に地蔵尊を建立

10月1日号

産後のサポート事業拡充

厚木市

産後のサポート事業拡充 社会

母子のデイケアサービス開始

10月1日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook