厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

厚木中央公園 「噴水球」取り壊し撤去へ 故障で復旧断念

政治

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
故障を知らせる看板が掲出されている噴水球周辺=10月18日
故障を知らせる看板が掲出されている噴水球周辺=10月18日

 厚木中央公園西側にある28個の「噴水球」が、故障のためすべて取り壊し撤去される計画であることが分かった。市が10月5日の市議会全員協議会で報告した。中心にある池を埋めて、多目的に利用できる広場として暫定的に整備される見通し。

 厚木中央公園は、市役所の北側にあり、鮎まつりをはじめ各種催しの中心会場になることが多い公園。災害時には避難広場として利用できる防災機能を備えている。

 噴水球があるのは、公園西側の憩いの広場。直径2メートル、約2・8トンの噴水球28個が、20m四方の池を囲んで並ぶ。1997年4月の公園全面開園に合わせて設置され、21年が経過した。当初は夜に青や緑色にライトアップされ、夜を彩るオブジェとして活用。特徴的なデザインで、訪れる人たちの目を引いていた。

 市公園緑地課によると、取り壊しの主な理由は、今年8月の台風で地下室が浸水したことによる電気設備の故障。修理に概算で6000万円以上がかかることなどから復旧を断念した。

 故障前の噴水は、日中午前10時から午後4時までと、夜間のいたずら防止対策として午後10時から翌日朝4時まで、水を出していた。同課によると公園の維持管理費として、年間約450万円がかかっているという。

 噴水球と池がある約1600平方メートルの敷地については、撤去と埋め立てが行われ、暫定的に多目的広場として整備される計画。工期などは未定で、市議会の議決を経て、着工される。同課では公園の全面リニューアルも視野に検討しているところで、重田真人課長は「市民のみなさまのご意見を頂きながら、今後の検討に入りたい」とコメントした。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

電子商品券で飲食店支援

厚木市

電子商品券で飲食店支援 経済

11月1日から申込み受付

10月30日号

ネパールに国際支援

厚木県央ロータリークラブ

ネパールに国際支援 社会

古着を集めて学校へ送る

10月30日号

剪定枝を堆肥化して販売

厚木市環境みどり公社

剪定枝を堆肥化して販売 社会

環境に配慮し資源化推進

10月23日号

男子公式戦デビュー

厚木市出身永里優季選手

男子公式戦デビュー スポーツ

早速兄のゴールの起点に

10月23日号

今年はメインツリーのみ

宮ヶ瀬クリスマス

今年はメインツリーのみ 社会

初のイベント中止

10月16日号

本格的な整備に向け前進

相模川三川合流点

本格的な整備に向け前進 社会

サウンディングを実施

10月16日号

アイネックスがリフォーム博開催

10月31日湯花楽厚木店。屋根・外壁、キッチン、蓄電池のコーナーも

http://www.in-ex.co.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク