厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

ZOOM UP ”三助”の文化 受け継ぐ 東名厚木健康センター 川口歩さん(38)

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
サービス中は音楽を流し実施を知らせている
サービス中は音楽を流し実施を知らせている

 ▽江戸時代から続いてきた銭湯の「三助」。 “最後の三助”といわれた東京・東日暮里の『斉藤湯』の故橘秀雪氏(2013年12月末引退)から生前直接指導を受け、勤務する東名厚木健康センターで週3・4日、時間制で三助サービスを実施。伝統をつなぐ。

 ▽「何か他ではやっていないサービスをやりたい」。思いついたのが「三助」だった。「三助」とは、入浴する人の背中を流したり、マッサージをするサービス。昔から男湯女湯問わず重宝されてきた銭湯には欠かせない存在だった。しかし銭湯の減少とともに減り、最後は橘さんのみに。

 ▽09年10月、早速当時マネジャーだった自身ほか役職者の3人で斉藤湯へ。橘氏に実際にサービスを受けると同時に指導を受け、東名厚木健康センターで取り入れた。「橘さんのサービスはとにかく力が強くてグイグイ来るんです。けどそれが痛くない。すごく驚きました。そこが長年培った技術なんでしょうね」

 ▽同センター内にはリラクゼーション施設も併設。現在はそこのスタッフとも協力し、マッサージにオリジナル性も加えるなどしてサービス提供している。「お客さんは背中にタオルを回して横に擦ることはできますが、自分で縦に擦ることはできません。ですから縦を意識しています。それが結構気持ちいいんですよ」。橘さん直伝の技術ににんまり。現在はさらに伝授したスタッフを含め男女3人ずつがシフトで対応している。

 ▽「三助指導を受けたおかげで、我々管理職が直接お客様と触れる機会ができました。それを楽しみに来てくださる常連の方も多く、コミュニケーションも取れますし、情報交換もでき非常に意味のあるサービスになっています。橘さんには感謝しています。これからもお客様に喜ばれるサービスを心掛けていきます」

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

台風19号6700人が避難 

台風19号6700人が避難  社会

断水停電も 人的被害はなし

10月18日号

「サギ撲滅ダァー」

「サギ撲滅ダァー」 社会

アントニオ小猪木さんが一日署長

10月18日号

仲間の絆 Tシャツに

仲間の絆 Tシャツに 社会

愛川町ジュニアリーダー

10月18日号

ワクワクして観に来て

ZOOM UP

ワクワクして観に来て 文化

市民ミュージカルに最多出演する青沼亜沙美さん(34)

10月18日号

林・王子の文化財を公開

10月18日〜20日

林・王子の文化財を公開 文化

10月18日号

戦争遺跡と博物館見学

参加者募集

戦争遺跡と博物館見学 文化

愛川町教委がイベント

10月18日号

サッカー選手が来校

サッカー選手が来校 スポーツ

愛川町・高峰小で「夢授業」

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

参加募集

参加募集

中村紀洋さん講演会

11月29日~11月29日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク