厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

ZOOM UP ”三助”の文化 受け継ぐ 東名厚木健康センター 川口歩さん(38)

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
サービス中は音楽を流し実施を知らせている
サービス中は音楽を流し実施を知らせている

 ▽江戸時代から続いてきた銭湯の「三助」。 “最後の三助”といわれた東京・東日暮里の『斉藤湯』の故橘秀雪氏(2013年12月末引退)から生前直接指導を受け、勤務する東名厚木健康センターで週3・4日、時間制で三助サービスを実施。伝統をつなぐ。

 ▽「何か他ではやっていないサービスをやりたい」。思いついたのが「三助」だった。「三助」とは、入浴する人の背中を流したり、マッサージをするサービス。昔から男湯女湯問わず重宝されてきた銭湯には欠かせない存在だった。しかし銭湯の減少とともに減り、最後は橘さんのみに。

 ▽09年10月、早速当時マネジャーだった自身ほか役職者の3人で斉藤湯へ。橘氏に実際にサービスを受けると同時に指導を受け、東名厚木健康センターで取り入れた。「橘さんのサービスはとにかく力が強くてグイグイ来るんです。けどそれが痛くない。すごく驚きました。そこが長年培った技術なんでしょうね」

 ▽同センター内にはリラクゼーション施設も併設。現在はそこのスタッフとも協力し、マッサージにオリジナル性も加えるなどしてサービス提供している。「お客さんは背中にタオルを回して横に擦ることはできますが、自分で縦に擦ることはできません。ですから縦を意識しています。それが結構気持ちいいんですよ」。橘さん直伝の技術ににんまり。現在はさらに伝授したスタッフを含め男女3人ずつがシフトで対応している。

 ▽「三助指導を受けたおかげで、我々管理職が直接お客様と触れる機会ができました。それを楽しみに来てくださる常連の方も多く、コミュニケーションも取れますし、情報交換もでき非常に意味のあるサービスになっています。橘さんには感謝しています。これからもお客様に喜ばれるサービスを心掛けていきます」

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

不登校児に「学び」の支援

不登校児に「学び」の支援 社会

無料塾「ねこの手」小室 善昭さん

6月14日号

「次へ」繋ぐ 親方の心意気

Zoom up

「次へ」繋ぐ 親方の心意気 経済

厚木建築職組合 組合長 井上菊一さん(69)

6月14日号

介護職のあなたを応援

厚木市愛川町

介護職のあなたを応援 社会

支援事業を紹介

6月14日号

半原宮大工の足跡語る

半原宮大工の足跡語る 文化

郷土の校舎建造を解説

6月14日号

不思議な日本語のタイル

不思議な日本語のタイル 社会

串田歯科医院前にポツリ

6月14日号

好物のマグロをパクリ

好物のマグロをパクリ 社会

渡辺ヤマさん110歳の誕生会

6月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で探そうカブトムシ

厚木市建設業協会二世会

親子で探そうカブトムシ

7月20日 参加費無料

7月20日~7月20日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク