厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

【新連載・新時代を行く【2】】 かながわSDGsパートナーを紹介 NPO法人 防犯パトロールブルーライン

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

 「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」の両方に全国で唯一、都道府県として選定されている神奈川県。「かながわSDGs」パートナーとは、SDGs先進県”神奈川”が、SDGsに取り組んでいる企業等を登録する制度でこれまでに137社が登録されている。

 今年度から神奈川県が創設した「SDGsパートナー制度」。今回紹介するのは第2期パートナーに登録された特定非営利活動法人「防犯パトロールブルーライン」(以下ブルーライン、藤井立秀理事長)。

 ブルーラインは”広げよう地域の輪”をモットーに、厚木青年会議所の卒業生が中心となり、2011年に7人の隊員でスタート。翌年には日本財団をはじめ協賛企業50社の協賛で青色回転灯を装備した専用防犯パトカー(通称・青パト)を購入、その後は同様の志を持つ団体への研修なども積極的に実施。地域の安全活動に尽力している。この防犯ボランティアの輪は広がり、現在のメンバーは30人。活動エリアは厚木警察署管内(厚木市・愛川町・清川村)。青パト車両でパトロールを行うのは、主に夜間や週末、高齢化などで目の行き届かない地域だ。犯罪被害に遭った際の一時避難所「こども110番ひなんばしょ」事業にも力を注ぐ。警察、行政、企業、地域とのネットワークも固い。「県の認定を受けたことでパートナー同士で連携し、行動エリアを広げたい」と藤井理事長。
 

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

コロナ

コロナ

4月17日号

心のワクチン

心のワクチン

3月27日号

神奈川工科大学

【新時代を行く【4】】 かながわSDGsパートナーを紹介

神奈川工科大学

3月6日号

本厚木ロータリークラブ

【新時代を行く【3】】 かながわSDGsパートナーを紹介

本厚木ロータリークラブ

2月28日号

父の死と緩和ケア

NPO法人 防犯パトロールブルーライン

【新連載・新時代を行く【2】】 かながわSDGsパートナーを紹介

NPO法人 防犯パトロールブルーライン

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク