神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

Tobioギャラリーで水墨画展を開催中の 松尾 好高さん 厚木市鳶尾在住 84歳

公開:2020年9月18日

  • X
  • LINE
  • hatena

墨に魅了されて

 ○…厚木市の鳶尾団地内にあるTobioギャラリーで9月26日(土)まで水墨画展を開催している。8月に同ギャラリーで開催中だった同じく鳶尾在住の三上隆達氏の絵画展に訪れ、同施設から展示を勧められた。しかし比較的大きいサイズの作品が多く会場の広さ的に一考。「やりたい」という気持ちが勝り、手ごろなサイズの作品をチョイス。中には現代日墨展の準大賞受賞作も含まれている。「墨色の美しさを観てほしい」と力がこもる。

 ○…もともと左利きだったが、4歳の春から当時「軍人になるために必要」と右利きに矯正するために母親に書道塾に通わされたという。しかし墨を擦るのもままならずしばらくして通うのが嫌になり、公園でサボりばれないように手などに墨を付けていったが、「結局バレてこっぴどくしかられたよ」と笑う。それでも「墨の香りが忘れられなくて結局この道に進んだ。今思えばきっかけを与えてくれた母親に感謝だね」。

 ○…台湾で生まれ、戦後引揚げで親戚のいた佐賀県に。大学進学で上京し、NECに就職。その後、子会社への異動などを経て45歳で工場長に抜擢された。「若造とバカにされないように10歳サバを読んでいて、定年の時に告白した」と得意げな表情。環境がいいと55年以上前に厚木に移り住み、ともに高校教師になった二人の娘を育て上げ、今は夫人と暮らす。

 ○…現在は作品に魅了された根岸嘉一郎氏に師事。精進する一方、相模原市を拠点に墨彰会を主宰。また、鳶尾小放課後水墨画教室の講師も務める。「展示する場所なども確保して子どもたちを育てていきたい」と話す。また、85歳になる来年、個展を開きたいという。「残った人生を墨の美しさにかけてみよう」

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

小出 賢(まさる)さん

全日本アームレスリングストラップ選手権のマスターズ無差別級で優勝した

小出 賢(まさる)さん

愛川町半原在住 54歳

5月17日

田頭 文昭さん

20周年を迎えたあつぎ観光ボランティアガイド協会の会長を務める

田頭 文昭さん

厚木市栄町在住 74歳

5月10日

平居 拓也さん

5月18日まで鳶尾「もりや亭」で鉛筆画を展示している

平居 拓也さん

厚木市森の里在住 39歳

5月3日

小川 貴司さん

4月に発足した厚木市消防本部日勤救急隊の隊長を務める

小川 貴司さん

厚木市寿町在住 45歳

4月26日

澤本 徹さん

4月1日付けで厚木市立病院の救急センター長に就任した

澤本 徹さん

厚木市七沢出身 52歳

4月19日

横田 和道さん

厚木警察署長に就任した

横田 和道さん

厚木市内在住 59歳

4月12日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook