厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

タウンレポート 地域と共に花火打ち上げ 北小で修学旅行の代替行事

教育

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
校庭から打ち上げられた花火
校庭から打ち上げられた花火

 新型コロナウイルス感染症の影響で今年度、厚木市内の小中学校の修学旅行は早々に中止となった。しかし、児童の学びや思い出づくりのために、各校では独自に代わりとなる行事やイベントを実施している。11月5日には、市立北小学校で地域の協力を得て50発の花火が打ち上げられた。

 日光に行く予定だった同校の修学旅行。中止が決まると山田淳司校長が直接子どもたちに中止を伝えた。「ショックだったと思う。伝えた直後は静まり返って真剣な表情の子、涙ぐむ子もいた。『何かしてあげたい』と職員全員が同じ気持ちになったと思う」と山田校長は振り返る。その後、代替案を考えるなか、山田校長が大野貢市PTA会長と話した時に「花火を上げよう」という話に。「花火ならインパクトがあり思い出に残る」。当初から候補にしていた夜の学校探検と共に実施する計画にした。

 花火の打ち上げは地元の株式会社ファイアートに依頼。学校だけでは予算が厳しかったが、PTAが補填する形で見通しが立った。さらに、地域の理解を得るために、山田校長と大野会長が北小学区の4つの自治会に説明しに行くと、快く協力してもらえることになった。自治会はコロナの影響で行事が中止になっており、予算に余裕があるということで寄付も受けた。依知北地区自治会連絡協議会の齋藤孝弘会長は「とても良いことなので『やりましょう』と後押しした。事情を聞き各自治会から寄付した」と話す。

 当日は、昼間に益子焼の絵付け体験、夜に星空観察会、学校探検を実施。学校探検はPTAが協力して肝試し風に理科室をアレンジした。そして午後7時45分過ぎ、6年生が屋上に集まり、大きな声でカウントダウンをすると50発の花火が轟音とともに夜空を彩った。「迫力満点ですごかった」「想像以上で良い思い出になった」と児童は喜んでいた。

 花火の最中は自治会が、校舎周辺の交通整理と見守りを行った。齋藤会長は「多くの人が来ていたけど事故がなくて良かった。こんなに身近に花火が上がることはないから、地域の人も喜んでたよ」と話す。PTAの大野会長は「子どもたちが本当に喜んでいて良かった。地域の大人が真剣に子どもたちのことを思って花火ができて、それを子どもたちが理解してくれていて嬉しかった」と話した。

観賞のため屋上に集まった児童
観賞のため屋上に集まった児童

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「お正月を楽しんで」

第二森の里

「お正月を楽しんで」 社会

施設内に神社を設置

1月15日号

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ

約束のネバーランドと神奈中タクシーがコラボ 社会

ラッピングでコロナ禍に元気を

1月15日号

小中学校で役立てて

【Web限定記事】

小中学校で役立てて 社会

町婦人団体連絡協議会が雑巾寄付

1月15日号

選挙啓発ポスター展示

【Web限定記事】

選挙啓発ポスター展示 文化

あつぎロードギャラリー

1月15日号

食と農の大切さ伝えたい

【Web限定記事】

食と農の大切さ伝えたい 社会

青空クラブが市内保育所に農産物寄贈

1月15日号

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長

【Web限定記事】

あつぎ飲食店応援電子商品券、使用期間が延長 経済

3月31日(水)まで使用可能に

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク