厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

1年で相談件数6倍弱に 厚木市権利擁護支援センター

社会

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市権利擁護支援センターが地域連携の中核機関としてリニューアルして1年が経過した。成年後見関係の相談件数は増加傾向にあり、「どこに相談したら良いかというのが明確になってきているのでは」とセンターの担当者は分析する。

 同センターは、認知症や障害のある人の権利を擁護し、成年後見制度の利用促進を担う機関。2014年に厚木市社会福祉協議会が委託を受けスタートした。

 昨年8月に中核機関としてリニューアルし、専門職による成年後見相談を増やし、弁護士・司法書士・医療関係者などの専門職と連携を図る協議会や成年後見人の候補者調整会議を開催してきた。

件数は右肩上がり

 センターへの相談件数は、リニューアルすぐの昨年8月の件数は25件だったが、今年1月には124件、同6月には146件と6倍弱に増えた。多少の減少はあるものの、全体的に右肩上がりを続けている。なかでも、特徴的なのが2回目以降の相談件数(継続対応)が増えていること。リニューアル前は、継続対応が0件の月もあったが、リニューアル後は8割以上が継続対応の月もあり、「相談者に寄り添うことができている」と担当者は話す。啓発講座のほか、金融、医療機関などへの周知が一定の成果を挙げているという。

 相談を受けることで新たな課題も見えてきた。「成年後見制度が馴染んでいないので、理解してもらうのに時間がかかっている」と担当者。手続きや多数の書類が必要となることから「面倒くさいから」と諦めてしまう人もいるという。今後は制度の理解促進も重要と認識する。同センターでは「相談件数が増えてきて、今後は制度の利用とともに、後見人の育成、制度の担い手を増やすことにも力を注いでいきたい」と話している。

湘南物流株式会社

昭和51年設立。食品輸送のトータルプランナー/アルバイト・正社員も募集中

http://www.shonanl.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

厚木十二支巡りスタート

厚木十二支巡りスタート 文化

市内寺院で御朱印収集

12月3日号

住民の要望で市道改修

住民の要望で市道改修 社会

愛甲原自治会

12月3日号

厚高出身・横内さんの私戯曲

厚高出身・横内さんの私戯曲 文化

新宿で7日〜「ホテルカリフォルニア」

12月3日号

木管五重奏でクリスマス

木管五重奏でクリスマス 文化

12月19日 荻運でコンサート

12月3日号

青パト隊が発足

青パト隊が発足 社会

厚木市・相川地区

12月3日号

手作りファッションショー

湘北短大

手作りファッションショー 教育

舞台もすべて学生の力で

12月3日号

巻き爪矯正

オープン記念!巻き爪無料相談会実施中。12月末まで。「お気軽にご相談を」

https://pma-sakura.jimdofree.com/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook