神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

1年で相談件数6倍弱に 厚木市権利擁護支援センター

社会

公開:2021年10月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

 厚木市権利擁護支援センターが地域連携の中核機関としてリニューアルして1年が経過した。成年後見関係の相談件数は増加傾向にあり、「どこに相談したら良いかというのが明確になってきているのでは」とセンターの担当者は分析する。

 同センターは、認知症や障害のある人の権利を擁護し、成年後見制度の利用促進を担う機関。2014年に厚木市社会福祉協議会が委託を受けスタートした。

 昨年8月に中核機関としてリニューアルし、専門職による成年後見相談を増やし、弁護士・司法書士・医療関係者などの専門職と連携を図る協議会や成年後見人の候補者調整会議を開催してきた。

件数は右肩上がり

 センターへの相談件数は、リニューアルすぐの昨年8月の件数は25件だったが、今年1月には124件、同6月には146件と6倍弱に増えた。多少の減少はあるものの、全体的に右肩上がりを続けている。なかでも、特徴的なのが2回目以降の相談件数(継続対応)が増えていること。リニューアル前は、継続対応が0件の月もあったが、リニューアル後は8割以上が継続対応の月もあり、「相談者に寄り添うことができている」と担当者は話す。啓発講座のほか、金融、医療機関などへの周知が一定の成果を挙げているという。

 相談を受けることで新たな課題も見えてきた。「成年後見制度が馴染んでいないので、理解してもらうのに時間がかかっている」と担当者。手続きや多数の書類が必要となることから「面倒くさいから」と諦めてしまう人もいるという。今後は制度の理解促進も重要と認識する。同センターでは「相談件数が増えてきて、今後は制度の利用とともに、後見人の育成、制度の担い手を増やすことにも力を注いでいきたい」と話している。

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

120匹が元気に泳ぐ

恩曽川

120匹が元気に泳ぐ

恒例の鯉のぼり掲揚

4月15日

夢に向かう女性を支援

夢に向かう女性を支援

国際ソロプチミスト厚木

4月12日

永年登録を称える

永年登録を称える

厚木市野球協会

4月12日

地酒と特産品をセット販売

【Web限定記事】県央やまなみ地域

地酒と特産品をセット販売

厚木市内の「あつまる」で

4月12日

新入学児童に交通安全呼びかけ

【Web限定記事】

新入学児童に交通安全呼びかけ

厚木小学校

4月12日

入学祝いをプレゼント

【Web限定記事】旭町 TreeOven

入学祝いをプレゼント

4月12日

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook