神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

田中紙業(株) 新製品開発へ学生と協力 斬新なアイデアに期待

経済

公開:2023年4月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
実演を通して素材などを確認する学生ら
実演を通して素材などを確認する学生ら

 段ボール製造・加工販売の田中紙業株式会社(本社・東京都/厚木工場・上依知)と、厚木市飯山にキャンパスを構える東京工芸大学の田村裕希ゼミ生による新製品開発プロジェクトがスタートした。学生のアイデアをもとに段ボールを使った新たな製品開発に取り組む。

 同社は、市場競争激化の状況に対応しようと、受け身の体制から提案型のビジネススタイルに力を入れてきた。そこで、自社のPRをかねて作った段ボール製のキャットハウス「猫ちぐら」やキャットタワーなどを生み出してきたが、技術をアピールするためにはさらなる斬新な製品を作る必要があった。田中伸尚専務は「猫カフェなどで受注もあり、私たちの技術のアピールにつながっている。今後さらに販路拡大のためにも若い人たちの感覚が必要と考えた」と話した。

現場を知る

 4月4日、学生ら22人は同社の厚木工場を訪れ、1回目のミーティングを行った。学生らは会社の概要説明を受けた後、工場で段ボールへの社名印刷やカットの様子、ラインに沿って折れる加工工程などを見学した。製品に触れ厚みや折れ具合を確認したり、写真を撮るなど熱心に取り組む姿があった。保坂一成さん(4年)は「加工技術力など知った。今はまだアイデアは出ないが、想像したものがしっかりとできると思った」、井尻歌衣さん(院生2年)は「展開図の説明など、自分が取り組む研究と繋がるものがあった。今回のプロジェクトに参加してよかった」と話した。田村准教授は「学生たちは現場を見ることで、想像力が膨らんだはず。これから様々なアイデアが出てくると思う。商品化できるものを提案したい」と話した。田中専務は「私たちにはアイデアに限界がある。学生の力を借りて、新しい製品開発につなげていければ」と期待した。今後のスケジュールは未定、両者で調整をしていくとしている。

会社の概要説明の様子
会社の概要説明の様子

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

厚木の遺跡を知る

厚木の遺跡を知る

3月9日 南公民館

3月2日

梅澤廉さん(山際出身)、厚木の観光特別大使に

【Web限定記事】ズームイン‼サタデーでおなじみ

梅澤廉さん(山際出身)、厚木の観光特別大使に

3月1日

子育て支援に遊具寄贈

【Web限定記事】

子育て支援に遊具寄贈

厚木商工会議所女性会

3月1日

足湯設置しあつぎ温泉郷PR

【Web限定記事】青空と大地 七沢温泉食の市

足湯設置しあつぎ温泉郷PR

プレゼント 企画も 初の試み

3月1日

生物多様性をテーマにしたパネル展示

【Web限定記事】

生物多様性をテーマにしたパネル展示

50の団体、学校などが参加

3月1日

「あゆコロちゃん」仕様が新登場

「あゆコロちゃん」仕様が新登場

自治会・団体向け「防災ボトル」

3月1日

愛甲石田駅近く家族葬専用式場「ゆかりえ」

家族葬から樹木葬。友引の日に無料相談会を開催しています。

https://www.fujimishikiten.co.jp/hall/yukarieaikouishida/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook