伊勢原版 掲載号:2014年5月30日号 エリアトップへ

関東大会で準優勝した向上高校野球部の主将を務める 菅野 赳門(たもん)さん 3年生 17歳

掲載号:2014年5月30日号

  • LINE
  • hatena

混じりっ気なしの本気

 ○…ゲームセットの瞬間、心を駆け抜けたのは大きな悔しさと手応えだった。2度目となる関東大会出場を果たした向上高校野球部は、初戦の甲府工(山梨)にサヨナラ勝ちすると、成立学園(東京)、佐野日大(栃木)と強豪校を次々に撃破。山梨学院との決勝には敗れたものの、「格上が相手でも十分勝負できると実感できました。チームとして大きな経験」と大会を振り返る。

 〇…「夏の神奈川を制して、向上野球が正しいことを証明しよう」と、関東大会後のミーティングで部員を鼓舞。今必要なのは現状満足ではなく、さらなるレベルアップだ。1カ月後に迫った選手権予選にむけ、チームは練習を再開。グラウンドではいつも部員たちの声が飛び交う。「向上には、良い意味で上級生と下級生が何でも言い合える雰囲気があります」。主将になって9カ月。昨夏の敗退後からチームの中心に立ち、111人を引っ張ってきた。「今は全員が心を一つに同じ方向を見ていると感じます」。躍進を続けるチームの原動力はこうした言葉からも垣間見える。

 〇…平塚市に生まれた。幼稚園のころはよくサッカーをして遊んでいたが、友達からの誘いもあり小学2年で野球を始めた。中学では湘南クラブボーイズでプレー。3年生の時には全国大会で3位に輝くなど活躍した。現在は、家族と茅ヶ崎市内に暮らす。朝練があるため毎朝5時半には家を出る。「眠いですが、強くなるために当然のこと。寮のある私学には気持ちの部分でも負けたくないですね」

 〇…将来の夢を尋ねても言葉が出てこない。「すみません。今はチームのことしか頭にないです」。だが、野望はある。それは個人ではなく3年生全員の一致した思いだ。「自分たちの代で初めての甲子園を勝ち取ろう。そして、向上野球部の歴史を塗り替えよう」―。はったりでも冗談でもない。混じりっ気なしの本気を瞳ににじませた。

伊勢原版の人物風土記最新6

谷亀 泰さん

写友クラブの会長を務める

谷亀 泰さん

東成瀬在住 72歳

12月3日号

旗川 英明さん

伊勢原素人落語大会実行委員会の会長を務める

旗川 英明さん

田中在住 66歳

11月26日号

井上 渉(わたる)さん

県学校保健功労者表彰を受賞した

井上 渉(わたる)さん

伊勢原在住 68歳

11月19日号

重田 篤史さん

小学生女子サッカーチーム、成瀬エンジェルスの監督を務める

重田 篤史さん

石田在住 49歳

11月12日号

加藤 大詩(たし)さん

産業能率大学の学園祭・瑞木祭実行委員会の代表を務める

加藤 大詩(たし)さん

情報マネジメント学部3年 21歳

11月5日号

中尾 魁(かい)さん

伊勢原室内管弦楽団団員で、県のバーチャル解放区に投稿する動画を制作した

中尾 魁(かい)さん

大住台在住 21歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook