伊勢原版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

お食事処しいの木 シカ肉をメンチカツに 地産地消カレー販売へ

経済

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
商品を開発した中野さん(右)と、シカ肉を加工して供給する磯崎さん
商品を開発した中野さん(右)と、シカ肉を加工して供給する磯崎さん

 株式会社セゾオン(佐藤美成代表取締役)が運営する、伊勢原市役所レストラン棟の「お食事処しいの木」で、地場産のシカ肉を使ったメンチカツカレーが4月6日(月)から販売される。農作物被害を軽減するため捕獲された野生鳥獣の食肉を使い、地産地消を推進するねらいがある。

 市内では、シカやイノシシなどの野生鳥獣による果樹や野菜などの農業被害が発生していて、市農業振興課によると被害額は年間1千万円台から2千万円台で推移している。このため、神奈川県猟友会伊勢原支部・各地区有害駆除班を中心に捕獲が行われている。

 販売される「伊勢原地場産 鹿肉メンチカツカレー」(税込670円)のメンチカツには、市内大山・高部屋地区で捕獲されたシカ肉を使用。伊勢原市有害鳥獣対策協議会(大山・高部屋有害駆除班)によって整備された食肉処理施設、猪・鹿問屋「阿夫利山荘」(磯崎敬三代表)で加工されたもので、市農業振興課が間に入って調整し、商品化された。

「身近な商品に」

 3月30日には試食会が行われ、報道関係者に公開された。お食事処しいの木で、メニューの開発を担当している(株)セゾオンの課長代理、中野努さん(46)は、「伊勢原の新鮮なシカ肉を、いろいろな方に食べて頂ければと思い、メンチカツという身近な商品にした」と経緯を説明。メンチカツはシカ肉100%で、タマネギのほかにナツメグやバジル、オレガノの香辛料で味付けされ、しっとりさせるためにオリーブオイルが練り込まれているという。佐藤代表取締役(64)は、「美味しく料理できているので、ぜひご賞味いただければ」と話している。

 磯崎代表(77)は「美味しく食べて、命を無駄にしないことが大事。市民が気軽に行きやすい市役所のレストラン、しいの木さんで商品化してもらえて感謝しています」と語った。

 レストランの営業時間は、午前11時から午後6時まで。定休日は土・日・祝日。

伊勢原版のトップニュース最新6

65年の活動に幕

伊婦連

65年の活動に幕 文化

今後は地域ごとに継続

5月29日号

高山氏が立候補表明

伊勢原市長選挙

高山氏が立候補表明 政治

コロナ、災害対策に意欲

5月29日号

郵送申請 28日から支給へ

特別定額給付金

郵送申請 28日から支給へ 政治

世帯主に書類発送

5月22日号

県協力金に10万円上乗せ

伊勢原市

県協力金に10万円上乗せ 経済

経済対策で事業者支援

5月22日号

謎解きゲームを自宅で

謎解きゲームを自宅で 社会

市職員ら企画  HPで公開

5月15日号

国交大臣表彰を受賞

成瀬活性化委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク