横須賀版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

メカニックデザイナーで23日まで記念艦「三笠」で原画展を行っている 宮武 一貴(かづたか)さん 本名 渡邉 一貴さん佐野町在住 66歳

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena

未来のメカの創造主

 ○…戦艦、要塞、パワードスーツ…。自身が描くデザインには、正確性と緻密さ、なにより「少年の胸を熱くさせるカッコよさ」が備わっている。アニメやゲーム、小説の挿絵など、手掛けたメカニック作品は数えきれない。現在、個人としては初の原画展を開催している。通っていた小学校の近くにあり、毎日のように訪れた記念艦「三笠」。「その艦内でできるなんて、まるで”恩返し″だね」。

 ○…海自横須賀基地で商いをする祖父に連れられ、護衛艦に乗船したことがあった。6歳の自身の何百倍もの大きさ。触れるとエンジンの震動が体に伝わり「まるで生きているよう」と衝撃を受けた。得意だったイラストに起こすようになると、”中”がどうなっているかが気になり始めた。構造を知るため、オートバイ好きの父親が分解している様をつぶさにスケッチ。エンジンやサスペンションの仕組みを教えてもらい、次々と絵に反映させていった。

 ○…横須賀高校時代は「変人ばっかりだった」と相好を崩す。美術の自由課題で同級生が1枚の作品に仕上げる中、一人だけ飛行機メーカーのカタログ画集という超大作を提出したこともあった。大学院まで進み、在学中にSF好きの仲間とデザイン会社を設立。子ども番組の美術設計などから少しずつ仕事の幅を広げ、「スタジオぬえ」としてSFアニメ作品の世界観設定から手掛けるようになっていった。

 ○…横須賀は、街そのものが「資料」――。居を都内から故郷に移したのは20年前。新作アニメの制作に携わるなど多忙な日々を送るが、ヴェルニー公園から日米の艦船を眺めるのが「癒しにも、刺激にもなる」。制作はアナログ、特に「意思がダイレクトに伝わる」鉛筆画にこだわり続けている。「個性を持った作品でないと、ファンの記憶には残らない。100歳を超えても現役でいたいので、今はまだまだ”折り返し地点”じゃないかな」

横須賀版の人物風土記最新6

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パパママの夏休み

パパママの夏休み

20日、ドブ板周辺でイベント

7月20日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク