横須賀版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

ザ・タワー横須賀中央 市内最高峰ビルが完成 商業ゾーン「LIDRE(リドレ)」は来春オープン

経済

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena

 市内中心地の新たなランドマーク「ザ・タワー横須賀中央」=写真=が、今月17日に竣工した。2013年4月の工事着工から2年7カ月。すでに、住宅(297戸)への入居が始まっており、商業ゾーンのグランドオープンは来年春を予定。商業テナントと住居一体の複合型高層タワーは、「まちなか住居」という新しい都市基盤の形成と、市街地再開発のシンボルとして、活性化の期待を背負っている。

 西友横須賀店などが入っていた旧ビルの老朽化にあたり、再開発の協議会が立ち上がったのが2006年のこと。10年には、街区全体の再整備事業として地権者らによる「大滝町2丁目地区市街地再開発組合」の設立が認可。京浜急行電鉄と大和ハウス工業も組合員として参画し、事業が具体化した。市も「横須賀中央エリア再生促進アクションプラン」に基づいた特別減税制度を適用。さらに、高度地区の廃止や、容積率の大幅緩和などで同事業を支援していた。総事業費は約159億円で、国・県・市から、合わせて約66億円の補助金を受けている。

 高さは、三浦半島一を誇る143m。設計デザインのコンセプトは「灯台」だという。地下1・2階は駐車場、1〜4階は商業施設ゾーンで、「LIDRE(リドレ)」と名付けられた。1階には、証券会社・コンビニエンスストア・調剤薬局、2階に整形外科、3階には眼科など医療機関が開業する予定で、4階も医療フロア(横須賀タワークリニック)の計画が進んでいる。

 商業ゾーンのグランドオープンは来春を予定しているが、これより前に開業する事業者もある。また、5〜38階は住宅297戸で、既に入居が始まっている。同開発組合の石田重藏理事長は「中心市街地での定住促進と教育・医療の充実など、横須賀の特徴を活かしたまちづくりに、さらに力を入れていきたい」と話す。

「中央再開発の起爆剤に」

 「協議会立ち上げから10年近く、地元の方々が情熱を注がれた成果もあり、この日を迎えることができた。横須賀市にとって、この事業は再開発の試金石。これに続く事業の起爆剤になってほしい」。今月13日に行われた竣工祝賀会で、吉田雄人市長はそう語った。

 人口減に悩む横須賀市にとって、この施設は中心市街地の活性化、賑わい創出のシンボル的存在。横須賀中央エリアでは、2丁目地区のほかに、大滝町1丁目地区(旧さいか屋大通り館)、三笠ビル、若松町1丁目地区(ザ・プライム周辺)、横須賀駅前地区の4カ所で再開発協議会が立ち上がっている。いずれも建物の老朽化や賑わいの低下を課題としており、再整備に向けて検討が進む。祝賀会出席者からも「中央エリアは磨けば光る魅力ある街」「中心市街地としての存在感を発揮し、次の開発事業が続いてほしい」との声もあり、新たな動きへの期待も高まっている。

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク