横須賀版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

女子バスケットボールU-17日本代表候補に名を連ねる 奥山 理々嘉(りりか)さん 上町在住 16歳

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena

「最後に決めるのがエース」

 ○…180センチの長身と高い得点力を持つ女子バスケ界のホープ。高校2・3年生が中心世代となる代表に、1年生から唯一選出された。今月行われた強化合宿では初の海外遠征を経験。感じた手応えは「速さ」。課題は「強さ」。攻撃時は俊敏性で相手を置き去りにできたものの、1対1の守備では弾き飛ばされた。自身より高い選手との対戦はこれまで少なく、リバウンド、シュートの間合い、全てが「勉強になった」と充実感を漂わせる。

 ○…兄が始めたことを機に、小3で地元のミニバスチーム「鶴久保コスモス」に入団。当時から「背の順は一番後ろ」という長身を活かし、上級生の試合でも活躍するなどすぐに頭角を現した。コーチから「いずれ日本代表に」と発破をかけられたこともあり、自主練は日課。「ゲームはしたことがないし、芸能人もあまり興味ない」と今時の女子高生らしからぬ発言からは、時間を見つけては練習に打ち込んできたバスケへの強い思いが垣間見える。

 ○…坂本中に進むと、同年代は実力者揃い。その中でも攻撃の核を担い、全国大会では3位という快挙の原動力となった。しかし「悔しさいっぱい」と振り返るのが準決勝。1点を追う展開で迎えた残り30秒、自らの手にボールが来たが、痛恨のミス。「最後は自分が決めないといけなかった」―。”エース”としての責務を果たせなかったことを悔いている。

 ○…全国の強豪校全てから誘いを受け、選んだのは東京の八雲学園。小学生の頃から誘ってくれていたこと、選手を型にはめない育成方針が理由だが、一番の決め手は礼儀や感謝を大事にする「規律ある学校」だったから。両親や指導者からは生活面の重要性も学んできた。家族内でも挨拶は欠かさず、チームでは控え選手を気にかけるなど、「皆から応援される選手」を目指している。4年後の東京五輪、大歓声を受けてコートに立つ姿が待ち遠しい。

横須賀版の人物風土記最新6

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

柳川 優平さん

全国大会出場を決めた「横須賀ヤングビッグナイン」の監督を務める

柳川 優平さん

三浦市在住 36歳

3月6日号

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

女流義太夫の三味線方、3月7日に市内で演奏会を開く

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

大津町在住 

2月28日号

山本 佳依(かい)さん

男子ソフトボール「U-18」代表メンバーとして今月22日からの世界大会に出場する

山本 佳依(かい)さん

野比在住 18歳

2月21日号

倉本 奈菜さん

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む

倉本 奈菜さん

汐入町在住 24歳

2月14日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク