横須賀版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

「よこすかの音楽家を支援する会」主催のコンサートに出演する 新里 恵美さん 津久井浜在住

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

ピアノで”歌う”楽しさ伝え

 ○…同じ楽譜・楽器でも音色が違う。「ピアノの音には、人生経験が映し出される。自分を通してできることは何か」―。横須賀に居を移して4年。地元の音楽家を支援する市民団体のコンサートにも出演を重ねるほか、「スカぴあ」のメンバーとして、「ピアノを介した語り合いが楽しい」と穏やかな笑顔をみせる。

 ○…隣家から聞こえたピアノの音色に「やってみたい」と、教室へ通い始めたのが2歳半。そこではピアノだけでなく、身体を動かしたり、合唱したり。「音を楽しむってこういうことなんだ」。東京藝術大学へ進学したのも「ただ、ひたすらピアノが好きだったから」。そんな自分の”ピアノ観”を大きく変えたのは、イタリア人ピアニストの演奏だった。

 ○…「歌うような、話すような音色に衝撃を受けた」。卒業後、イタリアへ渡り、ミラノの国立音楽院へ。音の響きの違いだけでなく、言葉や空気感、歴史―文化の厚みに圧倒された。恩師からは常に「あなたは、どう表現したいの?」との問いかけ。「先生が教えてくれたのは”心の力”。失敗しながらも、得るものばかりだった」。言葉に苦労しつつ、自分の演奏に向き合い、コンクールで実績を重ねていった。ソロや声楽伴奏でも活躍し、「1週間パスタが続いても平気」だったが、腱鞘炎の治療もあり、帰国を決断。「イタリアから、本当の音楽を始めたという感じ」と、大きな節目を振り返る。もう一つ、自分の道に見えたものがある。昨年、交通事故に遭い、入院を余儀なくされた。支えになったのは、やはりピアノ。「弾く人・聴く人の癒しや希望になるのだ」と。

 ○…優しさをまとった佇まいに、「美しくて柔らかく、愛に満ちた音色」―とファン層を広げる。横須賀は「人情味があって、個性豊か。野菜も美味しいし、イタリアに似ている」とニッコリ。自分が彼(か)の地で得た”本物”の豊かな体験を、この街でも。その想いは真っ直ぐだ。

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

税田 ジェニファー 璃美さん

今月16日に行われた全国中学陸上大会の200mで2位になった

税田 ジェニファー 璃美さん

平成町在住 大津中3年

10月23日号

松本 ひかりさん

気候変動の若者アクション「FFF横須賀」で活動している

松本 ひかりさん

池田町在住 20歳

10月16日号

浜中 せつおさん(本名:浜中節朗)

「海洋画家」として活動し、今月27日まで浦賀で個展を開いている

浜中 せつおさん(本名:浜中節朗)

坂本町在住 64歳

10月9日号

渡辺 陽子さん

9月に「にんじゃいぬタロー」を発行し、絵本作家としてデビューした

渡辺 陽子さん

追浜町在住

10月2日号

大川内 隆雅さん

チョークアーティストとして活動。世界規模のコンテストにも出品を続ける

大川内 隆雅さん

根岸町在住 30歳

9月25日号

高橋 正和さん

横須賀市役所職員が立ち上げた法人「KAKEHASHI」で代表理事を務める

高橋 正和さん

浦賀在住 37歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

記憶の整理整頓

タウンニュース自分史教室

記憶の整理整頓

10月27日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク