横須賀版 掲載号:2018年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

移植手術終え「強い鼓動」 米に滞在の小学生、雫さん

社会

 重度の心臓病を患い、米国で心臓移植を待機していた森崎小3年生の岡崎雫さんに今月10日、ドナーからの臓器提供があり、同日に手術が行われた。10時間超の手術を終えて病室で術後の処置を受けているという。付き添いで現地に滞在している両親が15日、「しずくちゃんを救う会」のホームページ上で公表した。「戻ってきた娘の心臓に手をあてると想像以上の力強い鼓動を感じました。それは本当に信じられないような力強い鼓動でした」と綴っている。

 雫さんについては、移植手術に必要な3億1千万円を集めるために昨年7月、有志が「救う会」を立ち上げて募金活動を展開。年内に目標金額を達成していた。雫さんは2月に渡米し、ドナーの出現を待っていた。

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロ棋士語る「夢への挑戦」

プロ棋士語る「夢への挑戦」

瀬川晶司五段が講演会

8月26日~8月26日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク