横須賀版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

認知症啓 発 タスキつないで理解深める 9月にリレーイベント

社会

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
最短100mから参加可能(写真は昨年の様子)
最短100mから参加可能(写真は昨年の様子)

 「オレンジのTシャツで一緒に走ろう」--。認知症の当事者や家族、支援者がタスキをつないでリレーする「RUN伴(とも)+三浦半島」が9月15日(土)から17日(月)の3日間の日程で企画されている。

 「RUN伴」は、北海道のNPO法人が認知症への理解を広げるために始めたプロジェクト。国内を縦断するほか、本線のルートとなっていない地域は「RUN伴+(ぷらす)」として独自に展開している。三浦半島では地区内の介護事業関係者らが実行委員会を立ち上げ、一昨年初めて開催した。昨年は、走者やボランティアを含めて約500人が参加している。

「自分事」のきっかけ

 なぜ、認知症理解のために「走る」のか。横須賀地区を担当する玉井秀直さんは、「一緒にタスキをつなぐ体験を通じて、誰もが暮らしやすい顔の見える地域づくりを考えることができれば」と話す。昨年の参加者からは「これまで関わりのなかった分野だが、走ってみて自分事として考える良い機会になった」との感想もあり、「当事者や家族が抱え込まないよう、仲間を増やすきっかけになれば」とその広がりを期待する。

三浦半島を一周

 15日に逗子市役所をスタートし、国道16号から横須賀市役所〜浦賀へ。16日は浦賀から三浦市役所、17日は三浦社会福祉協議会から葉山を経て逗子市役所がゴール。途中、葉山では遠泳・SUPで参加できるコースも用意している。

 開催に先立ち、9月8日(土)に平成町の県立保健福祉大学講堂でプレイベントを実施する。「RUN伴+」の活動紹介のほか、認知症サポーターの養成講座、支援者によるトークセッションも企画。午後3時から5時半、定員500人(申込不要)。会場では、公式Tシャツや認知症に関する書籍の販売や展示もある。

 参加の詳細、問い合わせは、【メール】runtomoplusmiura@gmail.com または玉井さん【携帯電話】090・4623・2226

横須賀版のローカルニュース最新6

生活の息づかいを感じる

和風ドールハウス作家 高橋勝美さん

生活の息づかいを感じる 文化

5月24日号

過去最高のフィーバー

カレーフェス

過去最高のフィーバー 文化

2日間で6万5千人

5月24日号

「やさしくなあに」

ドキュメンタリー映画

「やさしくなあに」 文化

奈緒ちゃんと家族の35年

5月24日号

新たなご当地グルメに

三笠ビル商店街

新たなご当地グルメに 経済

あさり入り黒カレーを考案

5月24日号

観光立市を加速化

観光立市を加速化 経済

ガイド養成 民間3者が連携

5月24日号

93歳の「お絵描き」展

93歳の「お絵描き」展 文化

馬堀町在住 坂本さん

5月24日号

明治維新後の奉行たち

明治維新後の奉行たち 文化

開国史研究会が講演会

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「やさしくなあに」

ドキュメンタリー映画

「やさしくなあに」

奈緒ちゃんと家族の35年

6月16日~6月16日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク