横須賀版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

市立2病院体制「議論深めて」 市議有志がシンポジウム

政治

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市が今年8月、市立病院2体制の維持とうわまち病院の移転・建て替えの方針を明らかにしたことを受け、市議有志の「よこすかの医療の未来を考える会」は今月1日、市内でシンポジウムを開いた。

 冒頭で、加藤裕介市議(無所属みらい)がこれまでの経過を説明。続いて、地域医療や自治体病院の経営問題について研究する伊関友伸氏(城西大教授)が登壇し、専門的見地から意見を述べた。

 伊関氏は、市立病院の体制について「地域ごとの特性を考慮すべき」という考えを示したうえで、病床の将来需要や両病院での医師雇用の見込み、立地をふまえた医療提供体制などから「市内では2つの病院を存続させるべき」と話した。現地建て替えについては、国内の他事例を挙げ、仮設施設の設置による工期の長期化やコスト増のほか、うわまち病院は設計が難しい立地であることなどを理由に「移転が望ましい」とした。また、新病院建築の際は、ローコストの事例を精査する必要性も論じた。

 別の視点では、医療・介護は拡大の可能性がある分野であることから、雇用の場として地元産業への影響を指摘。最後に「病院や地域医療体制の在り方」を重要施策として市民が議論することの必要性を説いた。

会派横断で問題提起

 同会は市議会の会派、無所属みらいと研政の市議で構成。調査や発表、議会の質問等の取り組みで政策提言のコンテスト「マニュフェスト大賞」にもノミネートされた。11月19日(月)には、市民意見の公聴会も企画している。

横須賀版のローカルニュース最新6

舞台裏を探検

舞台裏を探検 文化

芸術劇場で見学ツアー

4月16日号

暖かさに誘われお目見え

太田和つつじの丘

暖かさに誘われお目見え 文化

開花予想は今月末まで

4月16日号

元盗塁王、今は花に夢中

元盗塁王、今は花に夢中 社会

ラベンダーを衣笠ゴルフに

4月16日号

映像と音楽の融合

映像と音楽の融合 文化

清春さんが映画館でトーク

4月16日号

新ビジネスプラン募集中

新ビジネスプラン募集中 社会

独創的なアイデアに市が助成

4月16日号

「ゲーム依存症」どう防ぐ?

特別対談

「ゲーム依存症」どう防ぐ? 社会

保護者のチェック、ルールづくりが肝要

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter