横須賀版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

市立2病院体制「議論深めて」 市議有志がシンポジウム

政治

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市が今年8月、市立病院2体制の維持とうわまち病院の移転・建て替えの方針を明らかにしたことを受け、市議有志の「よこすかの医療の未来を考える会」は今月1日、市内でシンポジウムを開いた。

 冒頭で、加藤裕介市議(無所属みらい)がこれまでの経過を説明。続いて、地域医療や自治体病院の経営問題について研究する伊関友伸氏(城西大教授)が登壇し、専門的見地から意見を述べた。

 伊関氏は、市立病院の体制について「地域ごとの特性を考慮すべき」という考えを示したうえで、病床の将来需要や両病院での医師雇用の見込み、立地をふまえた医療提供体制などから「市内では2つの病院を存続させるべき」と話した。現地建て替えについては、国内の他事例を挙げ、仮設施設の設置による工期の長期化やコスト増のほか、うわまち病院は設計が難しい立地であることなどを理由に「移転が望ましい」とした。また、新病院建築の際は、ローコストの事例を精査する必要性も論じた。

 別の視点では、医療・介護は拡大の可能性がある分野であることから、雇用の場として地元産業への影響を指摘。最後に「病院や地域医療体制の在り方」を重要施策として市民が議論することの必要性を説いた。

会派横断で問題提起

 同会は市議会の会派、無所属みらいと研政の市議で構成。調査や発表、議会の質問等の取り組みで政策提言のコンテスト「マニュフェスト大賞」にもノミネートされた。11月19日(月)には、市民意見の公聴会も企画している。

横須賀版のローカルニュース最新6

3D映像 広がる幻想光景

「花の国 」イルミネーション

3D映像 広がる幻想光景 文化

12月13日号

市役所「朝市」地場の旬野菜

猿島から見る初日の出

猿島から見る初日の出 経済

無人島で新年の幕開け

12月13日号

子育て支援で奨励賞

障害児の母親グループ

子育て支援で奨励賞 社会

神奈川県から表彰

12月13日号

三崎港で冬の花火大会

三崎港で冬の花火大会 文化

「三浦半島×イタリア」企画も

12月13日号

博物館で理科フェス

博物館で理科フェス 教育

工作や研究発表も

12月13日号

「夢の世界」誘うプリンシパル

東京バレエ団 秋元康臣さん

「夢の世界」誘うプリンシパル 文化

よこすか芸術劇場で「くるみ割り人形」

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

社会課題あぶりだす15作

ドキュメンタリー映画上映

社会課題あぶりだす15作

佐島の高齢者施設会場に

12月22日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク