横須賀版 掲載号:2018年11月23日号
  • LINE
  • hatena

市民グループ 切り絵で描くわが街 大津・走水の歴史伝える展示

文化

団体の代表を務める杉本さん(左)と切り絵作家の徳弘さん
団体の代表を務める杉本さん(左)と切り絵作家の徳弘さん

 大津・走水の文化遺産や風景を描いた切り絵作品が並ぶ展示会が11月30日(金)から大津コミュニティセンターで開かれる。企画したのは市民団体「横須賀Cアカデミー」。まちの歴史や文化財を幅広い世代に伝えるのが狙い。切り絵のほか写真など、計300作品が揃う。会期は12月3日(月)まで。

 同市民団体は、大津地区を中心に、名所をたどる散策マップや歴史看板の制作、学校での特別授業などを通して、まちの歴史を幅広い世代に知ってもらおうと活動している。展示会もその一環で、今回は史跡や文化財の写真に加え新たな試みとして、切り絵作品に取り組んだ。

色鮮やかに表現

 切り絵は、大津諏訪神社や走水神社といった文化財のほか、茅の輪くぐり、夏祭りといった地域行事などを描いた46作品が並ぶ。同団体のメンバーで池田町在住の切り絵作家、徳弘康彦さんが全て手掛けた。鳥居の質感や人の表情を細かく描写しており、「絵の具や色紙などを使った色彩豊かな作品を楽しんで」と徳弘さん。まちの風景に加え、走水神社に伝わる弟橘媛命の神話や坂本龍馬・おりょう夫妻を題材にしたイメージ作品も展示。また、現在は見ることができない建造物を再現した作品も特徴的。大津1丁目付近に立てられていた貴族や文人、外国人が訪れた避暑旅館「大津館」も描かれている。

 企画した同団体代表の杉本幸三さんは「写真とは異なる風情を表現できる切り絵で紹介することで、今まで関心のなかった若い世代が興味を持つきっかけになれば」と期待する。

 展示会は午前10時から午後4時まで(最終日午後3時終了)。
 

横須賀版のトップニュース最新6件

谷戸の魅力発信「アート村」

5月に準備工事着手

横須賀火力発電所

5月に準備工事着手

3月22日号

観音崎の「大蛇伝説」舞台化

7万人の集客に挑戦

ウインドサーフィンワールドカップ

7万人の集客に挑戦

3月15日号

東京駅工事写真 市施設で発見

「横須賀の川」1冊に

自然観察グループ

「横須賀の川」1冊に

3月8日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク