横須賀版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

新年度予算案 1665億円の大型編成 7.2%増 過去2番目の規模

政治

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
新年度予算の概要を説明した上地市長
新年度予算の概要を説明した上地市長

 横須賀市は今月14日、一般会計が総額1665億7千万円となる2019年度予算案を発表した。前年度比7・2%増で過去2番目の規模。廃棄物広域処理施設や旧・平作小学校跡地に建設する中学校給食センターなどの大規模事業が重なり歳出を押し上げた。財源不足を補う財政調整基金の取り崩し額は56億3千万円。前年度比で14億4千万円増加した。

上地市長「経済と福祉を両立」

 同日に開かれた記者会見で上地市長は「予算が膨らむのは一時的な問題。一喜一憂するものではない」と述べ、経済再興と福祉充実の両立を強調した。上地市長が掲げる「横須賀再興プラン」の2年目。経済・福祉・教育・にぎわいをテーマとする4つの最重点施策に財源を重点配分した。

 経済の分野では、国道357号の八景島―夏島間の早期開通と国道16号追浜駅前の拡幅に向けた調査研究費として514万円を計上。市内企業の人手不足解消に外国人労働力の導入を検討。想定する国として市内の民間事業者がネットワークを持つネパールを挙げた。

 福祉面では、障害者雇用の促進として、市役所内ワークステーションを開設して一般就労支援を行う。地域住民の種々の困りごとに応じるモデル事業として、相談窓口を田浦行政センター内に設ける。性的マイノリティ支援では、パートナーシップの宣誓を市が公的に証明する制度を新たに導入する。

 子育て支援では、10月から実施される国の幼児教育・保育の無償化の拡充に加えて、0歳から2歳は市独自に一部条件を設けて無償化に踏み切る。よこすかポートマーケット駐車場に整備する予定だった「(仮)中央子ども園」は方針を変更して、小川町の職員厚生会館を改修、2022年度の開園をめざす。

 にぎわいの創出を目的とした事業では、横浜F・マリノスがホームタウンチームであることのPRを目的に125cc以下のバイクにマリノスデザインのナンバープレートを導入する。今年3回目となるウインドサーフィンW杯は、大規模音楽イベントを三浦市と連携して実施。ウインドサーフィン教室や体験会を通じてマリンスポーツの振興も図る。集客プロモーションの一環として猿島で初開催するナイトアートイベントには、2231万円を計上している。

横須賀版のトップニュース最新6

色彩鮮やか切り絵の世界

色彩鮮やか切り絵の世界 文化

小原台の福島さん 初の作品展

8月16日号

海洋科学高発 “カジキブリトー”

海洋科学高発 “カジキブリトー” 教育

創作料理コンテストに出品

8月16日号

築100年の古民家救って

若松町

築100年の古民家救って 社会

シロアリ被害など甚大

8月9日号

「地域の魅力」体験で売る

「地域の魅力」体験で売る 経済

収穫など産地ツアーが人気

8月9日号

地域の課題 共有の場に

三浦学苑高特進コース

地域の課題 共有の場に 教育

医療や教育などテーマに語り合い

8月2日号

「深海探査」世界準Vの技術

チームクロシオ

「深海探査」世界準Vの技術 社会

横須賀ゆかり調査メンバー報告

8月2日号

「おいでよ まぼりの森」

市自然・人文博物館

「おいでよ まぼりの森」 教育

自然教育園60周年の特別展示

7月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マッサージで癒し

神奈川衛生学園専門学校

マッサージで癒し

9月28・29日の学園祭で

9月28日~9月29日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク