横須賀版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

今春から社会人サッカーチーム「フィフティークラブ」に所属する 大久保 哲哉さん 長浦町出身 39歳

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

「現役続行にしがみつく」

 ○…あくまでもプロ選手として現役にこだわり続ける。昨年までプレーをしていたJリーグ「ザスパクサツ群馬」を離れ、4月から横浜市を拠点とする「フィフティークラブ」に新加入。関東リーグ昇格、天皇杯出場の請負人としてチームの期待を背負って戦う。Jリーガーの選手寿命が26歳前後という中で、39歳という年齢は、「どのチームでもぶっちぎりの最年長」と笑うが、気力も体力も充実。「まだまだやれる」

と胸を張った。

 ○…駒澤大学卒業後、22歳で「横浜FC」に入団したのを振り出しにJ1からJ2、JFLを渡り歩き、今も激しい競争の世界に身を置く。身長190cmの高さから繰り出すヘディングが持ち味。「フォワードのポジションは得点してこそ評価される」。Jリーグ通算99ゴール。結果がすべての世界で自ら居場所を作り続けてきた自負がある。

 ○…長い選手生活の中で所属チームから戦力外通告を受けるなど、厳しい場面に何度も遭遇してきたが、折れない心で前に進んできた。今年は1月まで新天地が決まらない状況に「引退」の2文字がよぎったがトレーニングに励み、決してあきらめなかった。「現役続行にしがみつく」。発した言葉が未来をつくる。

 ○…選手生活と並行して、この春から躍進目覚ましい三浦学苑高校サッカー部のコーチ兼テクニカルアドバイザーに就任。グラウンドで声を張り上げ後進の育成にも力を注ぐ。「技術面の指導はもちろん、サッカーと向き合う姿勢を彼らに見せていきたい」と意気盛ん。「彼らの指導を通じてサッカーを違った角度から見ることができる。自分の頭の整理にもなりそう」。現役選手としての時間は限られている。「全力疾走した先に道ができていく」。一瞬一瞬が勝負であることを胸に刻む。

横須賀版の人物風土記最新6

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

佐藤 智子さん

「よこすかひとり親サポーターズ・ひまわり」代表で食料支援プロジェクトをスタートした

佐藤 智子さん

安浦町在住 47歳

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter