横須賀版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

猿島 ドローンで食材配送 楽天と西友 近未来の買い物体験

経済

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena
幅160cm×高さ60cmの物流専用機体=猿島の着陸ポート
幅160cm×高さ60cmの物流専用機体=猿島の着陸ポート

 ドローン(無人航空機)を使用した近未来の買い物サービスが今夏、猿島を舞台に行われる。IT企業の楽天とスーパーマーケットチェーン西友による共同事業で、平成町の商業施設から対岸の猿島でバーベキューを楽しむ人に空から商品を届ける。実証実験の位置付けだが、利用者から料金を徴収する国内初のドローン商用配送として注目を集めそうだ。

 国内でドローン物流サービスに先駆的に取り組む楽天とネットスーパーをいち早く展開した西友が手を組んだ。「スマートモビリティ」と呼ばれるIoTやAIを活用した新たな移動手段の開発などに積極姿勢の横須賀市も今回の試みを支援。高台や谷戸に暮らす買い物弱者に向けた配送サービスの実用化などにつなげたい意向だ。

 猿島のドローン配送は、7月4日(木)を皮切りに約3カ月間、木・金・土曜日に利用できる。専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを使い、西友リヴィンよこすか店で扱う食材や飲料、救急用品など400品目の商品を注文する。最大積載量は約5kg。ドローンが対岸の猿島まで約1・5Km(片道約5分)の距離を自動飛行し、島内に設置された着陸ポートに届ける仕組み。配送料は500円で商品を含めてスマホで決済する。期間中は1日最大8便を運航するが、雨天時や風速が10mを超えるとサービスが中断される。

 楽天の担当者は、「夢のショッピング体験。多くの人にドローン配送を身近に感じてもらえる機会にしたい」と自信をのぞかせた。物流困難者の支援や災害時緊急対応への実用展開を急ぐ考えも示した。一方の西友もネットスーパーの利便性向上や配送業務の効率化を図るための第一歩にするという。

 次世代の物流システムの構築に挑む「楽天ドローン」は、企業や自治体と連携して2016年から実証実験や試験的なサービス提供を行っている。千葉県御宿町のゴルフ場でコースにいる利用客に飲み物やゴルフボールを届けるサービスや福島県南相馬市でコンビニのローソンの移動販売車に商品を配送する試験運用を行った事例などがある。

日々の活動を発信中

衆議院議員、小泉進次郎の日々の活動を写真や動画で紹介しています。

https://shinjiro.info/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

地場産たっぷり「のり段々」

追浜銀座通り商店会

地場産たっぷり「のり段々」 文化

あなごやアカモク具材に

10月18日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク