横須賀版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

ベイスターズ「青星寮」など ファーム施設 今月末に稼働

スポーツ

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
深い青色を基調とした選手寮
深い青色を基調とした選手寮

 横浜DeNAベイスターズは、選手の育成環境強化を目的にファーム施設を追浜の2軍本拠地、横須賀スタジアム隣に整備。「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」と命名された選手寮(青星寮)ほか屋外・屋内練習場の一連施設は、7月末から稼働する。

***

 選手寮は長浦にある旧施設に比べて延床面積が約2・5倍、部屋数も28から42室に増えた。選手やコーチの要望を取り入れ、目的に応じたトレーニングフロアや共用リビング、多目的スペースなどを充実させた。施設名称「ドック(船渠)」のイメージから、深みのある青のレンガ調の外観壁面など、空間デザインの細部まで趣向を凝らしている。

 屋外練習場は、横浜スタジアムと同規格で形状やフェンスの高さなども合わせており、より実践に近い形で練習に臨める。見学スペースは約150人分を確保している。

 同球団は今月3日、神里和毅選手と上茶谷大河選手と共に選手寮を報道陣や市関係者に公開。2選手とも、グラウンドが見渡せるテラスが気に入った様子で、「野球に没頭できる環境ができた。集中して成果を出したい」と話した=写真右。

追浜もベイ一色に

 追浜を「ベースボールタウン」として街づくりと連動させている横須賀市は、施設完成と今月14日(日)に開催するおっぱままつりに合わせて、追浜駅から横須賀スタジアム間の電柱に、チームカラーの青色を用いたデザインラッピングを掲示。スタジアムまでの誘導のほか、街なかをブルーのイメージで統一していく。また、球団・市と連携協定を結んでいる京急電鉄もオリジナルタオルなどのグッズを製作。追浜商店街の14店舗で14日から数量限定で販売する。

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク