神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2019年9月20日 エリアトップへ

ヴァイオリニストで国内外で精力的に活動する 礒 絵里子さん 秋谷在住 

公開:2019年9月20日

  • LINE
  • hatena

音の「愉しみ」広げたい

 ○…大学の先輩後輩で7年前に結成した室内楽の「アンサンブルφ(ファイ)」。”黄金比”を表すユニット名は、第一線で活躍する3人の化学反応が持ち味。美しく上質な演奏で「会場を魅了したい」と話す。

 ○…年の離れた従姉の影響でヴァイオリンを始めたのは3歳頃。「階段を上れば新たな景色が見える感じ」。特徴ある指導法で、コツコツやっているといつの間にかステップアップしていた。「練習が嫌な時期もあったけれど、やめることはないと思っていた」。高校時代は演奏のアルバイトも。桐朋学園大に進学し、着実にプロへの歩みを進める中、試験やオーディションで「自分の思うように弾けなくなってしまった」。一種のスランプだったが、そこで取り組んだのがイメージトレーニング。前日の夜、ステージに上がるまで自分を想像してポジティブな気持ちを身にまとう―。そんな経験から心も強くした。

 ○…大学卒業後、当時はあまり留学先に選ぶ人がいなかったベルギーに渡り、ブリュッセル王立音楽院で学んだ。帰国後、ソロ活動で力を入れたのは「アウトリーチ活動」。地域での音楽の活性化や交流を目的に、自らがプログラムを構成するもの。その中で印象に残っている授業がある。子どもたちを前に、筑後川の中州の木の下で演奏した時のこと。「風と一緒に弾いているみたい」。そんなシンプルな感想に、表現の可能性を感じた。

 ○…ピアニストで音楽プロデューサーの夫と共演するほか、ソロや従妹とのデュオ、室内楽まで独自の存在感を放つ。秋谷で暮らして10年近くになるが、都内や地方で演奏活動を展開する中、横須賀でのステージは今回がほぼ初めて。「市内での演奏の機会、出会いがあれば今後も挑戦したい」。しなやかな感性で音楽の世界を広げていく。

横須賀版の人物風土記最新6

杉村 大豪(たいご)さん

市町村の代表選手で競われる「かながわ駅伝」で2区区間賞を獲得した

杉村 大豪(たいご)さん

林在住 15歳

2月23日

伊藤 潤子さん

横須賀の魅力を紹介するWEBマガジン「KNOT(ノット)」を立ち上げた

伊藤 潤子さん

久里浜在住 43歳

2月16日

石川 サユミさん

県の「なでしこブランド」に認定されたプリザーブド墓花を考案・販売する

石川 サユミさん

小川町在住

2月9日

宇内 裕之さん

神奈川県内の建設業関連団体が主催するコンテストで表彰を受けた

宇内 裕之さん

佐原在住 33歳

2月2日

小川 和豊さん

「ど根性ひまわりフェス」の運営中心メンバーとして活動する

小川 和豊さん

平作出身 60歳

1月26日

臼井 伸二さん

私財を投じて児童福祉事業を推進するための基金を創設した

臼井 伸二さん

馬堀海岸在住 69歳

1月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook