横須賀版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

三浦学苑硬式野球 55年ぶりベスト4 関東出場かけ5日に桐光学園戦

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
佐原の練習場で日々汗を流す
佐原の練習場で日々汗を流す

 高校野球の秋季県大会準々決勝が先月22日、横浜市内で行われ、三浦学苑が立花学園に3―0で勝利。前身の三浦時代以来55年ぶりとなる4強入りを果たした。チームは今月5日(土)、初の関東大会進出をかけ強豪・桐光学園との準決勝に挑む。

 「『55年ぶり』という数字にあまり実感がわかない。選手たちがよく戦ってくれている」と樫平剛監督。4強をかけた立花学園戦で、エースの長谷川翔投手(2年)が好投。変化球をうまく使い、打たせて取るピッチングで相手打線を無失点に抑えた。4回戦の平塚学園戦では1年の上村海斗投手が8回を零封。「試合を作れる2人の投手の存在は大きい」と監督は話す。

 全員野球がモットー。とびぬけた選手がいるわけではないが、一人ひとりが役割を理解し実践する。3回戦では、夏準優勝の日大藤沢に12―11で競り勝ち自信もつけた。準決勝の相手は強豪・桐光学園。捕手で主将の立川太一選手は「僕らは挑戦者。思いっきりぶつかっていく」と力を込めた。

 関東大会に出場できるのは決勝進出の2校。春の選抜の参考材料となる。未だ甲子園出場がない横須賀勢。かかる期待は大きいが「目の前の勝負に勝ちに行くだけ」と樫平監督は話した。

 なお同日、軟式野球部も関東大会出場をかけ準決勝に挑む。

後輩の活躍高まる期待

 55年前の秋季大会で4強入りした時のメンバーで、同校の硬式野球部前OB会長の佐々木英明さん(71)=写真=は母校の活躍に胸を躍らせている。創立90周年の年に、甲子園の土を踏む後輩の姿を思い浮かべている。

 「当時(三浦高校)は、グラウンドが狭く練習場所の確保に苦労した」と佐々木さん。大明寺の参道を走り筋力アップに努めたことが思い出だ。

 同校では2010年に専用球場が完成し、来年には人工芝化される予定。練習環境の向上に有望な選手が集まる好循環が生まれている。憧れの舞台はもう夢ではない。
 

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

地域振興にアニメ活用

『スローループ』×YOKOSUKA

地域振興にアニメ活用 社会

ファンの来訪、聖地化に期待

9月17日号

端末持ち帰り不可

横須賀市公立小中

端末持ち帰り不可 教育

慎重姿勢の市教委

9月17日号

廃プラリサイクル工場開設

神明町

廃プラリサイクル工場開設 経済

国内最大級、稼働は来秋

9月10日号

19の公共施設を再編

横須賀市FMプラン

19の公共施設を再編 経済

青少年の家を一部廃止

9月10日号

寄付額 前年の約4倍に

横須賀市ふるさと納税

寄付額 前年の約4倍に 経済

オフィス用椅子が人気押し上げ

9月3日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない 文化

最新作オンライン配信

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook