横須賀版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

追浜銀座通り商店会 地場産たっぷり「のり段々」 あなごやアカモク具材に

文化

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
「地元で獲れる食材を知るきっかけに」と齋藤さん=写真右
「地元で獲れる食材を知るきっかけに」と齋藤さん=写真右

 追浜駅前にある追浜銀座通り商店会で、地場産魚介類を使った新メニューの開発が進んでいる。市内の料理研究家がレシピを監修し、地元の子育てサークル「オパイル」も協力。今月27日(日)の「Y・フェスタ追浜」では、いくつかのメニューをのり段々弁当にアレンジして販売する。

 追浜地域の東部にある深浦湾は豊富な種類の魚介類が獲れる良質の漁場。昨年5月には、名産のあさりを卵でとじた「深浦丼」を新メニューとして商店街の2店舗で提供を始めた。これに続く企画が「親子メニュー」だ。

 「あさりだけでなく、あなごやたこ、アカモクなど地元の食材を知ってもらいたい」―。企画を進める追浜銀座通り商店会の齋藤仁克さんは当初、単品メニューを検討していたという。しかし、地元の母親たちが昨年3月に立ち上げた子育てサークル「Oppapamamaile(オパイル)」と出会い、「小さな子どものいる若い世代に、商店街に来てもらえる仕掛けが必要だと感じた」と話す。そこで”親子でシェアしながら食べられる地元食材のメニュー”に方針を転換。レシピの開発・監修を野比在住の料理研究家、長谷川りえさん=写真左=に依頼し、「あなご天のスパム風にぎり」やミルク味とミネストローネ風2種類の「アカモクのスープ」など、深浦産の魚介類に食べやすさの視点を加えたレシピに仕上げた。

イベントで試験販売

 今月9日には、オパイルの呼びかけで親子試食会を開催。「あなごが柔らかかった」「アカモクの食感が楽しめて意外性があった」「追浜の特産品を知れてよかった」「地産地消で安心」といった感想のほか、「子どもが食べやすいサイズに」「味の濃さ・薄さの加減ができるように」「アレルギー表示を」などの注文もあった。

 親子メニューの提供は来年1月くらいを目途にスタート。これを前に、今月27日に追浜地域で行われる「Y・フェスタ」では、あなご天やアカモクの酢の物、煮たこ、地元野菜のサラダなど開発メニューをアレンジし、「追浜のり段々弁当」と名付けて販売。サンビーチ前で「オパイル」メンバーがブースを担当する。価格は700円。

ベイスターズにちなみ弁当には星型の人参も
ベイスターズにちなみ弁当には星型の人参も

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

地域振興にアニメ活用

『スローループ』×YOKOSUKA

地域振興にアニメ活用 社会

ファンの来訪、聖地化に期待

9月17日号

端末持ち帰り不可

横須賀市公立小中

端末持ち帰り不可 教育

慎重姿勢の市教委

9月17日号

廃プラリサイクル工場開設

神明町

廃プラリサイクル工場開設 経済

国内最大級、稼働は来秋

9月10日号

19の公共施設を再編

横須賀市FMプラン

19の公共施設を再編 経済

青少年の家を一部廃止

9月10日号

寄付額 前年の約4倍に

横須賀市ふるさと納税

寄付額 前年の約4倍に 経済

オフィス用椅子が人気押し上げ

9月3日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない 文化

最新作オンライン配信

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook