横須賀版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

ヨコスカママナビ 「つめかえパック」ブロックに サポセンに回収ボックス

社会

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena
パック10枚でブロック1個に再生
パック10枚でブロック1個に再生

 「使用済みのつめかえパックからブロックを作ろう」―。2018年に始まった環境啓発イベント「ヨコスカECOフェスティバル」を主催するヨコスカママナビでは、今月から洗剤等のつめかえパック回収を始めている。これを裁断・洗浄してペレット(再生樹脂)に加工、組み立てや再利用が可能なブロックに再生する。

 生活用品や化粧品などを製造する花王株式会社による「リサイクリエーション」の事業の一環で、鎌倉市では再生したブロックでベンチを作成。市内では県立横須賀高校が文化祭の会場で回収ボックスを設置するなど、取り組みが広がっている。昨年のECOフェスに同校生徒が出展したことをきっかけに事業を知り、「リサイクルを子どもにも分かりやすく学べる形」のひとつとして回収をスタートさせた。

ECOフェスで紹介

 本町の市民活動サポートセンター入口に専用の回収ポストを設置。シャンプー・リンスや洗濯・食器用・掃除用洗剤など「暮らしの清潔用品」のつめかえパックのみ(キャップ・ストロー付きも可)でボトルやチューブ類、食品容器・トレイなどは対象外。メーカーは問わず、裁断されていても持込歓迎。中をきれいに洗う必要はないという。パック10枚で約8cm×16cmのブロック1個に再生できる。

 ママナビでは、回収の目標枚数を1000枚と設定。リサイクルでできたブロックは「おかえりブロック」と名付けられており、今秋の開催を予定している3回目のECOフェスでお披露目する。イベント終了後は、サポセン内にあるキッズスペースに提供する予定だという。

「捨てない方法」考える

 ママナビではこれまで、不要なモノをリサイクルやリユースで再利用するだけでなく、新しい価値を作り出し、生まれ変わらせる「アップサイクル」のイベントも開催してきた。代表の椎名純子さんは「つめかえパックを使うことでごみの”かさ”は以前と比べると減っている。ただ、そのパック自体もリサイクル可能。”ごみにしない方法”のひとつとして、捨てずに持って来てほしい」と話している。

横須賀版のローカルニュース最新6

留学生展開など教育提携

留学生展開など教育提携 教育

神歯大と関学六浦

6月18日号

自宅が学び舎、親が教師役

自宅が学び舎、親が教師役 教育

「ホームスクール」多様な教育

6月18日号

閉店老舗旅館の”灯”守る

日の出町ENEOS

閉店老舗旅館の”灯”守る 文化

一國屋思い出の品を展示

6月18日号

実地訓練で危機意識啓発

湘南菱油

実地訓練で危機意識啓発 社会

市消防局と合同訓練

6月18日号

按針のバラ「大切に」

横須賀市

按針のバラ「大切に」 文化

寄贈の地域団体に感謝状

6月18日号

横須賀の古道初級講座

横須賀ロータリークラブ

1951年創設、70年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

一般社団法人ヨコスカジャズ協会

軍都の街・横須賀がジャズに染まる─横須賀トモダチジャズ

http://tomodachi-jazz.org/2019/

神奈川歯科大学

歯学部 大学院 短期大学(歯科衛生学科・看護学科)専門学校

http://www.kdu.ac.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter