横須賀版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

でこぼこ道の子育て記 14.「病気だから」割り切る気持ち一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

―現在の連載は10年ほど前、子どもたちがまだ小さい頃、介護をしていたときの経験を書いたものです―

 介護と子育てとの両立で慌ただしい日々の中、義父の病気の意識も薄れ始めてきた頃のこと。私にとって、節目となる出来事がありました。

 当時4歳の長男と3歳の長女が週末、久しぶりに私の実家へ泊まりに行く事になり、両親、子どもたち共にそれはそれは楽しみにしていました。その日の晩、夫と私、義父の3人で夕食を取っていると、義父が突然「向こうの家では、ろくなものも食べさせて貰っていないんじゃ?」と言ったのです。私は一瞬、「何を言っているの―?」と耳を疑いました。両親はきっと、孫たちを愛情いっぱいにもてなしてくれているでしょう。それなのに…と、ぶつけたい気持ちをとっさに抑え、笑顔で「きっと、ウチにいるよりよっぽどイイもの食べてるよ」と、嫌みの無いよう伝えましたが、心の中では悔しくて涙が出そうでした。

 その場では冷静に答えましたが、夫と二人になり、泣きながら「どうしてあんな言われ方されなきゃならないの?」と訴えました。同居も心配でたまらなかったはずなのに『頑張れ』と送り出してくれた両親を思うと、自分のことを言われるより何倍も辛い。でもそんな私に夫は「親父は病気。何でそんなにムキになるんだよ。病気の人が言ってる事を真に受けても仕方ない」…と。ショックで言葉が出ませんでした。この日を境に、私はいろいろな事に対し「病気なんだから」と割り切るようになりました。自分が傷付かない為に、そうするしかなかったのです。-次回に続く
 

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月7日~17日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のコラム最新6

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

15.今の「努力」はどこまで?一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

7月17日号

迅速な対応で市民の「安心」提供

コロナの今、その先─―〈保健福祉〉

迅速な対応で市民の「安心」提供

行政現場で対策に奔走する2人

6月19日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

14.「病気だから」割り切る気持ち一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

6月19日号

社会を勇気づけるのは文化の役割

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <演劇>

社会を勇気づけるのは文化の役割

横田和弘氏(神奈川県演劇連盟理事長)

6月5日号

「オンライン」必要性と現実的課題のジレンマ

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <教育>

「オンライン」必要性と現実的課題のジレンマ

米持正伸氏(横須賀市教育委員会事務局 学校教育部部長)

6月5日号

困難な状況も悲観している暇はない

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <スポーツ>

困難な状況も悲観している暇はない

須長由季氏(2020東京五輪 ウインドサーフィンRSX級女子代表内定)

6月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風を感じよう

ウインドサーフィン&SUP

風を感じよう

体験教室に五輪内定の須長選手

8月29日~8月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク