横須賀版 掲載号:2020年8月21日号 エリアトップへ

でこぼこ道の子育て記 16.背中を押してくれた父一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

掲載号:2020年8月21日号

  • LINE
  • hatena

―現在の連載は10年ほど前、子どもたちがまだ小さい頃、介護をしていたときの経験を書いたものです―

 義父の病気の進行を少しでも遅らせようと日記やドリルを続けていた私に、可哀想だと主張する夫。どれだけ悩んでも、やっぱり納得が出来ませんでした。誰かに聞いて欲しかった私は、相談できる相手がいないか思い巡らせ、母には「きっと余計な心配をかけてしまう」。そんな時浮かんだのが、父の顔でした。決してお父さんっ子ではなかったですし、悩みを相談した事なんて一度もありませんでした。でも何故だかその時は”父なら”と思ったのです。「もしもし、お父さん?私だけど、ちょっと聞いて欲しいことが…」。そう電話すると、父は少し驚きながらも、すぐに時間をとってくれました。

 父の仕事の休憩に合わせ、子ども連れで昔からある定食家さんで待ち合わせ。父は普段通りの様子でお昼を注文すると孫たちと楽しそうに遊び始めました。私はその姿を見ているだけで、胸が詰まりました。義父のリハビリの事、父の気持ち。続けさせる事は間違いなのか? 涙を堪えながら話す私を、遮ることなくただ静かに聞いてくれました。それから一言だけ、「お前は何も間違ってない。思う通りにやる事が、一番正しい答えだよ」と。涙が溢れて止まりませんでした。「うん」。私はそう返すことで精一杯。嬉しかった。どこかで、父のその言葉が欲しかっただけなのかもしれません。そして、それ以上の事も言わない―と分かっていたのかもしれません。でも、その言葉のお陰で私はまた一つ強くなれたと今でも思うのです。-次回に続く
 

横須賀版のコラム最新6

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

17.介護生活と「家族」の形一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

9月18日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

16.背中を押してくれた父一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

8月21日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

15.今の「努力」はどこまで?一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

7月17日号

迅速な対応で市民の「安心」提供

コロナの今、その先─―〈保健福祉〉

迅速な対応で市民の「安心」提供

行政現場で対策に奔走する2人

6月19日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

14.「病気だから」割り切る気持ち一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

6月19日号

社会を勇気づけるのは文化の役割

【Web限定記事】コロナの今、その先─ <演劇>

社会を勇気づけるのは文化の役割

横田和弘氏(神奈川県演劇連盟理事長)

6月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク