横須賀版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

湘南学院ゴルフ部 男女団体で関東大会へ “プロの卵”が躍進誓う

スポーツ

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
プロゴルファーを目標に鍛錬を積む部員たち
プロゴルファーを目標に鍛錬を積む部員たち

 湘南学院高校ゴルフ部が男女団体で、今月31日(土)に栃木県で開催される「関東高校ゴルフ選手権特別大会」に出場する。12月に三重県で行われる「全国特別大会」の予選も兼ねた同大会。生徒たちは「上位に入り、みんな揃って全国の舞台へ立ちたい」と意気込む。

 「神奈川県高校ゴルフ選手権代替大会」が8月31日、中井町で行われ、男女ともに3位入賞を果たし、関東大会への切符を手にした。出場するのは、男子の部が林恭平さん、中村大聖さん、山本歩夢さん、女子の部が越田泰羽さん、倉林夏さん、橋爪莉都さんの6人。上位入賞した男子14

校、女子10校が全国大会出場権を獲得できる。

 また個人の部でも2年連続で全国経験がある林さんのほか、中村さん、越田さん、倉林さんの4人が好成績を収め、関東へと駒を進めた。男女上位11人が、12月に沖縄県で開かれる「全国高校選抜ゴルフマッチプレー選手権大会」に進出する。

1年生は初の公式戦

 部員たちは全員プロ入りを目指しており、毎週月曜金曜の放課後、佐原にある「横須賀グリーンゴルフ」で長島優プロから指導を受けながら、3〜4時間ほど汗を流す。

 1年生で山中町在住の倉林さんは「新型コロナで夏の大会が中止になり、今回初めての公式戦で少し緊張気味。打ち込みや素振りでショットの精度を高め、自信を持ちたい」と奮闘する。同級生で林在住の山本さんは「ゴルフは中学2年から始めたばかりで経験は浅いが高校3年間で周りを追い抜きたい。まずは関東で貢献して男女で全国に行く」と力を込めた。

原プロがメジャー初制覇圧勝するOGに歓喜の声

 湘南学院高校出身の原英莉花プロ(21)が今月4日、「日本女子オープン」で優勝し、メジャー大会初制覇を果たした。

 2位と4打差をつけ、圧勝するOGの様子をテレビで観戦していた同部の生徒たちは、歓喜に沸いた。高校時代、原プロも練習したという「横須賀グリーンゴルフ」の壁面には現在、優勝を祝うパネルが飾られている。

 昨年1年生ながら個人で全国大会に出場し、今年8月の代替大会でもトップ通過で関東へと進んだ越田さんは「原さんは私たちにとって身近な先輩で、活躍する姿に勇気をもらった。私も来年のプロテストに向けて、真剣にゴルフのことを考えるきっかけになった」と目を輝かせた。
 

「横須賀グリーンゴルフ」に飾られた原プロを祝うパネル
「横須賀グリーンゴルフ」に飾られた原プロを祝うパネル

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

アート通じ地域活性

上町

アート通じ地域活性 文化

空き店舗で交流拠点始動

12月4日号

「攻めの営業」販路拡大

「攻めの営業」販路拡大 経済

キッチンカー導入を市が支援

12月4日号

故郷への思い縫って表現

佐島出身柵瀨さん

故郷への思い縫って表現 文化

横浜美術館で来月13日まで個展

11月27日号

「駅」テーマにご当地弁当

「駅」テーマにご当地弁当 経済

市内飲食事業者が発案

11月27日号

「映え」狙った壁面アート

うみかぜの路

「映え」狙った壁面アート 社会

若い女性来訪の呼び水に

11月20日号

22年4月に開園

(仮称)中央こども園

22年4月に開園 教育

病児・病後児保育も併設

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク