横須賀版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

猿島 「環境学習」体験島へ 教育旅行の誘致拡大めざし

経済

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
「つづく みんなの猿島プロジェクト」のメンバー。前列右から2番目が発起人の鈴木氏
「つづく みんなの猿島プロジェクト」のメンバー。前列右から2番目が発起人の鈴木氏

 東京湾に浮かぶ無人島・猿島を環境学習の拠点として機能させるプロジェクトが走り出した。猿島航路を運航する(株)トライアングルが今月21日、アルミ缶でリサイクルした電気推進船の建造や島内で使うエネルギーを再生可能エネルギー100%にしていくなどの構想を発表。趣旨に賛同する民間企業と連携し、環境の最先端の取り組みを体験できるプログラムをつくり出す。年間20万人超の来島者が訪れる観光スポットにあたらしい価値を加えることで、修学旅行や遠足、校外学習といった教育旅行の誘致拡大につなげる。

 猿島の良好な自然と戦跡などの文化財を永続的に保護しながら、集客を伸ばしていく観光と環境を両立させる未来志向の取り組み。「つづく みんなの猿島プロジェクト」と題し、来島者が参加体験できる種々の企画を打ち出していく。

 京浜急行電鉄、旅行会社のJTB、警備会社のアルソック、地元信用金庫、三浦学苑高校ほか民間12社で展開。旅行会社が開発した教育旅行の体験プログラムに高校生の意見を反映するだけでなく、高校生発案のアイデアも商品化していく。風力発電や潮力発電、海水を淡水化する民間企業の実証実験なども投資とともに呼び込む狙いだ。横須賀市はオブザーバーとして参加する。

「猿島版SDGs」発表

 環境と観光が好循環する「猿島モデル」を確立するために、国連で定められた持続可能な開発目標(SDGs)を、猿島での取り組みに落とし込んだ独自の行動指針「猿島版SDGs」も発表。2030年に実現したい島の像と実現に向けたプロジェクト案を書き連ねた。楽しみながらゴミの分別や資源化を行うエコステーションの整備やジェンダーレストイレの設置、島内で提供する食材の100%地産地消などがある。

 記者会見で挨拶したトライアングル代表取締役の鈴木隆裕氏は「魅力的な猿島であり続けるために、みんなでつくっていきたい。2030年に向けて本気で取り組む」と強い決意を示した。

横須賀版のトップニュース最新6

中央駅前に再開発ビル

若松町1丁目地区

中央駅前に再開発ビル 経済

「プライム」一帯にホテルや住宅

1月22日号

世界に売り込め

横須賀商議所

世界に売り込め 経済

「越境EC」小規模事業者を支援

1月22日号

「時短か休業か」

新型コロナ緊急事態宣言

「時短か休業か」 社会

飲食店が悲鳴、売上減に拍車

1月15日号

「さいか屋」の来し方辿る

企画展

「さいか屋」の来し方辿る 社会

創業時の写真、中央の変遷も

1月15日号

晴れ舞台にコロナ禍影響

晴れ舞台にコロナ禍影響 社会

成人式が延期、日程未定

1月8日号

市中感染に危機感

上地市長年頭会見

市中感染に危機感 政治

「東京都と等しい陽性率」

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク