横須賀版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

「駅」テーマにご当地弁当 市内飲食事業者が発案

経済

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
今月12日には試食会を実施
今月12日には試食会を実施

 「市内鉄道駅の『駅弁』を作ろう」―そんな企画が動き出している。新型コロナウイルスにより、打撃を受けている飲食業界。テイクアウト需要も高まる中で、”駅”をキーワードに、オリジナルのお弁当を販売する。第一弾は追浜駅。12月5日(土)に追浜駅前で催されるナイトバザールで、プレ販売イベントを行う。

 コロナ禍で活発化したテイクアウト需要。しかし、飲食業界を取り巻く状況は依然として厳しく「目玉となる商品を開発できないか」と追浜銀座通り商店会会長の齋藤仁克さんが提案したのが、「駅弁」の企画だ。「横須賀・三浦市内には京急とJRで19の駅があり、そのエリアの飲食店で駅や街の特色を詰めたオリジナルの弁当を作ることで、お店や地域のPRにもつながる」と齋藤さん。同商店会の飲食店や地元関係者に声をかけ、プロジェクトをスタートさせた。

来月5日に販売会

 駅弁でイメージするのは、その土地ならではの食材やメニューを入れた「ご当地感」。この事業のコンセプトも「地元発見!駅ごと弁当」とし、駅にまつわるキーワードに沿ったおかずを必ず盛り込むことを、共通の条件にした。のしの裏面には、駅周辺の観光ガイドも印刷。「地元飲食店の新たなおいしさと街の再発見につなげてほしい」という狙いがある。

 販売の第一弾は追浜。キーワードは「ベイスターズの☆マーク」「横須賀野菜」。うれしたのし屋と寿徳庵がそれぞれ2種類ずつ用意し、来月5日に追浜駅前で行われる「ナイトバザール」でプレ販売を行う。価格は900円前後、午後2時開始で計200食、売り切れ次第終了となる。

目標は市内全駅

 実際の駅での販売は、現在のところ難しいため、当面はイベントや参加店舗で注文受付を検討している。市内全駅での展開を考えており、衣笠や横須賀中央で進行中。今後も賛同飲食店を募集していく考えだ。

 

「のし」デザインは大学生

追浜地域の街づくりについて学んでいる立教大学法学部のゼミ生8人が、企画段階から参加。のしのデザインも手掛けている。京急・JRの電車と円になった線路を組み合わせたもの。法学科3年の加藤正也さん=左=は「電車だけでなく、お弁当で地域が『つながる』ことを意識した」と話し、今後の展開に期待を寄せた。

横須賀版のトップニュース最新6

「時短か休業か」

新型コロナ緊急事態宣言

「時短か休業か」 社会

飲食店が悲鳴、売上減に拍車

1月15日号

「さいか屋」の来し方辿る

企画展

「さいか屋」の来し方辿る 社会

創業時の写真、中央の変遷も

1月15日号

晴れ舞台にコロナ禍影響

晴れ舞台にコロナ禍影響 社会

成人式が延期、日程未定

1月8日号

市中感染に危機感

上地市長年頭会見

市中感染に危機感 政治

「東京都と等しい陽性率」

1月8日号

2021年「横須賀」展望

2021年「横須賀」展望 経済

経済・観光活性に期待感

1月1日号

2021年、アーバンスポーツに熱視線

うみかぜ公園にBMX大会誘致

2021年、アーバンスポーツに熱視線 スポーツ

大和(おわ) 晴彦さん(湘南鷹取在住)

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「活弁士」と学ぶ無声映画

「活弁士」と学ぶ無声映画

市民大学の特別講座

1月30日~1月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク