横須賀版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

でこぼこ道の子育て記 20.転院と新しい先生との出会い一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena

―現在の連載は10年ほど前、子どもたちがまだ小さい頃、介護をしていたときの経験を書いたものです―

 以前、認知症介護の悩みを打ち明け合ったママ友。ある時「介護度はいくつ? デイサービスは?」と聞かれ、私は何のことかわからず首をかしげました。彼女のお父さんが通院している病院では受診後すぐ、介護保険の申請とデイサービスの活用を勧められたというのです。そんなこと教えられなかった!と軽くショックを受け、この機会にと、思い切って転院することにしました。

 選んだのは総合病院ではなく心療内科と精神科の専門病院。この頃になると義父は、なぜ自分が病院に行かなければならないのか分からず、毎回説明をするような状態。そして迎えた受診日、担当してくれたのは義父よりも明らかに年配の先生で、自分より年上だということだけで何となく安心したようでした。それからすぐ、別室で「長谷川式テスト」を受けることになり、私がすかさず付き添いを申し出ると、先生はニコッと笑いながらも「ダメです。それじゃ、ご本人があなたに助けを求めますから」ときっぱり。

 ひとりでテストを受けた後、「MRIとこの結果から見て、若年性のアルツハイマーで間違いないでしょう。進行的には、初期より中期に近いです。薬は今まで通りで。それから書類を一式渡すので、介護保険の申請とケアプランの作成、精神障害者手帳の申請をお願いします。ほかに聞きたい事は…?」と、てきぱきと話を進めていく先生。次々と出てくる聞きなれない言葉に、私はあっけに取られていました。   -次回に続く
 

横須賀版のコラム最新6

性差を「差別」につなげない

よこすかでジェンダーを考える

性差を「差別」につなげない

#7 横須賀市の公立小中での取り組み

7月22日号

わたしのまちでいきる

わたしのまちでいきる

【4】娘と並走「心豊かな人生」一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

7月22日号

「自立」から平等な社会へ

よこすかでジェンダーを考える

「自立」から平等な社会へ

#6 市内で活動する女性支援団体

6月17日号

わたしのまちでいきる

わたしのまちでいきる

【3】涙の果てに気付いたもの一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

6月17日号

今から始める相続の準備

わたしのまちでいきる

わたしのまちでいきる

【2】初めて聞いた「アンジェルマン」一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

5月20日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook