横須賀版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

上町銀座商店会 45年来のアーケード撤去 「看板建築」露出で個性化図る

社会

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
平坂下から上町にかけて広がる商店街(加盟店は59店)
平坂下から上町にかけて広がる商店街(加盟店は59店)

 横須賀中央の平坂下から文化会館入口まで広がる上町銀座商店街で、45年前の1975年に設置されたアーケードの撤去が今月から始まった。

 老朽化により安全性の確保に加え、加盟店の減少により維持管理が難しくなってきたことが主な理由。同商店会では数年前から課題に挙げ、専門家に調査を依頼しながらペンキの塗り直しや錆を落とすなどして凌いできた。

 撤去を決めたのは、昨秋の大型台風で飛散物が多数発生したため。改修に巨額な費用を必要とすることが判り、建て替えを断念。約6千500万円から7千500万円という撤去費用も商店街には重荷となったが市に掛け合い、今年度分の工事費として1千750万円の補助が受けられたことで話が前に進んだ。

 平坂下から始まった今年度分の撤去工事は、全体の約5割に相当する部分を来年3月までに終わらせる。残りは、市と連携しながら3カ年計画で完了をめざす。

 同商店会ではアーケード撤去に伴い、新たな商店街づくりに取り組む。手本としているのは、逗子市にある池田通り商店街。2年前に歩道を化粧板で舗装し、照明塔やサインポールの整備も行い、「昼も夜も明るい商店街」を実現させた好事例として県から評価を受けている。

 高梨治会長は「アーケードの撤去で街の顔である”看板建築”が今までより認識しやすくなる。周りの協力を得ながら明るさを前面に打ち出した安心安全の商店街を再構築していきたい」と話した。
 

横須賀版のトップニュース最新6

移動スーパー 安否も確認

田浦中央食品

移動スーパー 安否も確認 社会

横須賀市と「地域見守り協定」

10月22日号

新聞を教材に活用

上町アンガージュマン

新聞を教材に活用 教育

NPOとして初の「NIE」認定

10月22日号

“娯楽の殿堂”で再開

さいか屋南館

“娯楽の殿堂”で再開 経済

eスポーツやカラオケ軸に

10月15日号

抗体カクテル療法を開始

横須賀市医師会

抗体カクテル療法を開始 社会

新型コロナの自宅療養者に

10月15日号

商店街に出張美術館

衣笠

商店街に出張美術館 文化

空き店舗活用で谷内作品

10月8日号

ICT教育施設「スカピア」開設

ICT教育施設「スカピア」開設 経済

学童保育や地域交流拠点

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook