横須賀版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

でこぼこ道の子育て記 30.次男との幸せなひととき一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

―現在の連載は10年ほど前、子どもたちがまだ小さい頃、介護をしていたときの経験を書いたものです―

 義父の病院は自宅から近く、私はたくさん会いに行こう!と決めました。今回は入院中の数あるエピソードの中から、義父と次男の不思議な絆について。

 ある日、病院へ初めて2人で行った時のこと。義父を見つけた息子は「じいじ〜!」と嬉しそうに飛びつきました。この時もう家族のこともわからなくなっているはずの義父が、息子を見てニコッと笑い「来たなぁ」と抱きしめたのです。これには私も看護師さんもびっくり。それまでの状態からは、信じられないことでした。本能なのか、その瞬間だけ何かを取り戻したような、そんな表情。しばらくの間、膝に座らせ顔を覗き込んだり頬ずりしたり。それはとても幸せな光景でした。帰り際「じいじ〜バイバイ!」と手を振る息子に、涙を浮かべながら笑顔で手を振り返す義父。2人の間には何か特別な絆があるのかもしれません。

 誕生日には「じいじ、おたんじょうびおめでとう!」との言葉を伝えに。顔や言葉には出なくとも、きっとどんなプレゼントよりも嬉しかったんじゃないかな。ただ、病気は進行しており、呼びかけにもなかなか反応しなくなっていました。それでも息子は「じいじ〜!じいじ〜!」と声を掛け続け、やっと気が付いて目が合うと、ニッコリ。そして膝に乗せ、大事そうに抱きしめるのでした。ここでの触れ合いは、時間にしたらほんのわずかでしたが、2人にとっても、かけがえのない時間だったように感じます。  -次回に続く

横須賀版のコラム最新6

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

31.外水頭症で手術へ一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

11月19日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

30.次男との幸せなひととき一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

10月22日号

思い出や学び、忘れないで

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

思い出や学び、忘れないで

中井武さん(マリンパーク館長)

9月24日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

29.「他害行為」の事実に直面一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

9月17日号

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

28.施設入所後、進む症状一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

8月20日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook