横須賀版 掲載号:2021年12月17日号 エリアトップへ

でこぼこ道の子育て記 32.進む病状と寝たきりへの不安一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

掲載号:2021年12月17日号

  • LINE
  • hatena

―現在の連載は10年ほど前、子どもたちがまだ小さい頃、介護をしていたときの経験を書いたものです―

 外水頭症の手術を無事終えた義父。術後の体力低下を心配してしたが、もともと体が丈夫な人でしたので回復は早く、何より脳の圧迫が改善されたことで一時的ではありますが会話できるようになるという喜ばしい変化もありました。

 しかし一方で、若年性アルツハイマーの病状は一気に進行。この病気は脳を使わなければどんどん進行してしまうため、約2週間の入院の間ほとんど寝て過ごして体や脳を動かさなかったことが、皮肉にも病気の進行を早めてしまう結果に...。手術を受けた病院からもとの精神病院へ戻ると、次第に義父は食事がうまく取れなくなっていきました。

 症状が進んだことで、飲食物が食道へ呼吸は肺へと自動的に振り分けられる本来の機能が弱くなり、食べ物が間違って肺に入るなどして起こる「誤嚥性肺炎」の恐れが出てきたのです。高齢者や認知症患者の死因としても多いため、主治医の先生や家族と話し合い、心臓近くの静脈から栄養輸液を投与していく『中心静脈栄養』にすることを決断しました。

 このまま寝たきりになってしまうのだろうか―。そんなことが頭をよぎりました。若年性アルツハイマーという診断を受けてからいろいろと勉強し、最終的にはそうなってしまうのか...と覚悟はしていたものの、思わぬ病気がその時期をかなり早めてしまったことに、やりきれない気持ちでいっぱいでした。そんな時、またひとつ、奇跡のような出来事が起こったのです。-次回に続く

横須賀版のコラム最新6

わたしのまちでいきる

わたしのまちでいきる

【2】初めて聞いた「アンジェルマン」一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

5月20日号

「多様な視点」の議論求めて

よこすかでジェンダーを考える

「多様な視点」の議論求めて

#5 県・市議会の女性議員

5月13日号

わたしのまちでいきる

わたしのまちでいきる

【1】こんにちは、うらら!一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

4月15日号

「ワークとライフ」意識の変容を

よこすかでジェンダーを考える

「ワークとライフ」意識の変容を

#4 一之瀬幸生さん

4月8日号

制服の意義を考える

学校制服最前線☆ 【第2回】

制服の意義を考える

3月18日号

でこぼこ道の子育て記

でこぼこ道の子育て記

最終回.義父から娘へ「心」のバトン一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛

3月18日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook